新着Pick
102Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国の方でよくいわれるのは、意外と見ないで買うことはないとのこと。コロナ禍でも買いたいとは思いますが、見ずに買うことはなかなかない、なので現在中国系の仲介会社は少し厳しい状況。
実は一方、台湾の人は見ずに買うそう。
文化の違いですかね。騙されやすい、というような。
土地、住宅を買ってはじめて動かないほどの資産を手に入れていると考える中国人が多い。
今、中国国内では「房住不炒」(住宅は入居するもので投資するものではない)と政府は言うが、
ならば海外へ投資する。
投資だからリスクも当然あると思っている。

コロナ禍の中ではおそらく数年間、簡単に日本には行けない。
また飛行機のチケットも北京東京往復では安い時にはほんとうに4、5万円、数千元だったが、いまは10倍以上。
これから簡単に下がることもないだろう。
東京に住宅をもってでも当然入居できない。

アプリを開発するのはいいが、
ほんとうに海外の住宅を買うべきだろうか。
コロナで、人々の生活は一変。
それでも、疑いの余地がないこととして、
「中華圏が伸びる、コロナはいつかは収まる」
とのこと。