[ジャカルタ 22日 ロイター] - インドネシアのスリ・ムルヤニ・インドラワティ財務相は22日、2020年の国内総生産(GDP)成長率見通しをマイナス1.7%─マイナス0.6%に引き下げたと明らかにした。新型コロナウイルス感染拡大が響き、従来より大幅な縮小になると見込む。

従来はマイナス1.1%─プラス0.2%を予想していた。

同相によると、第3・四半期のGDP見通しの範囲をマイナス2.1%─横ばいからマイナス2.9%─マイナス1%に引き下げたほか、第4・四半期もマイナス成長が続く可能性があることが、新たな年間見通しに反映された。

インドネシアの第2・四半期GDPは前年比5.32%減と、1999年以来初のマイナス成長を記録した。

同相はオンラインの記者会見で「第3・四半期は改善がみられ、景気回復が見込めるが、まだ非常に早期で脆弱であり、警戒が必要だ」とした。8月のデータに基づくと、一部部門の回復は停滞していると説明した。

首都ジャカルタで再導入した行動制限が経済をあまり混乱させないことを望むと述べ、政府は景気支援に向けた財政支出の加速に「全力を挙げる」と強調した。

同国の新型コロナウイルス感染者は21日に4176人増と、1日の増加数としては過去最大を更新した。感染者は累計24万8852人に上り、9677人が死亡している。