新着Pick

世界のファンド、マルチアセット運用で人材不足に直面=調査

Reuters
[ロンドン 14日 ロイター] - ステート・ストリートとFTリマークの調査によると、世界の資産運用会社はリターンの改善に向け幅広い資産クラスに投資するマルチアセット運用に軸足を移しつつあり、必要とされる人材が不足状態となっている。
20Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
そりゃそうだ。マルチアセット見れる人が世の中の一体何人いるのか??
当然の流れ。株であったり、債券であったり、それぞれのインデックスに対して乖離をコントロール(トラッキングエラーと呼ばれる)する運用手法が現在は一般的。もちろん、その中でファンドの良し悪しはあるが、大体のリスク・リターン特性はインデックス投資すれば取れる(まぁ、額が大きいので、個々の差も累積ではかなり大きいのだが)。
リターンの源泉は、リスク・リターン特性が異なる、違う資産クラスの中での配分による部分が増加してきており、お金を払うのであれば、そこの差が出る部分に払おうという動きは当然に見える。
人材不足は、ファンドだけではない。282の法則で、どれだけ人数がいても、結局、完全に満足できるのは2割。どんなところでも、優秀な人材が余って仕方がないというのは聞いたことがない。
みんな言う通り、当たり前。そんな人材、いるわけない。
株高で十分に稼げたマーケットだったが、これだけ加熱してくるとって感じで、しかも米国のVIXとか見るとわかるけど、ボラも上がってないので、トレンドフォローとかロング・ショートとかも稼ぎにくくなってる。でも、マネーは各アセット間をぐるぐる回っているわけで、マルチアセットで取りに行きたいのは当然の流れ。ただ、全般的な能力を持った人材なんてほとんど運用業界にはいないんですよね。
時価総額
3.06 兆円

業績