新着Pick
433Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本のセブンとの大きな違いは、
- そもそも店内が汚い(ことが多い)
- 惣菜、弁当がほとんどなにもない(ちょっとしたサラダと美味しくないハンバーガーくらい)
- ドリンク類はbuy 1, get 1 freeとかお得感を打ち出しているが結果的にプライスがわかりづらい
- 値段は他のドラッグストア等と比較して決して安くない
といった感じで、日本ほど生活の利便性にうまくアドレスできていない印象です。
アメリカ駐在→日本帰国の視点から。何か買おうかな…の視点で店に入る日本と、食べるものがなく周辺の店も閉店し“最後の砦”として入るアメリカ…そんな感じでしょうか。

屋号は同じでも全く別の“生き物”です。アメリカはピザやホットドッグもありますが、大体が時間も経過していて、かたく、大味で積極的にチョイスしたいとは思いません。日本人として安心できるのは「カップヌードル」くらいでしょうか。あまり鮮度の高いものは置いてなかったように思います。

NY,NJエリアでしたが、セブンの従業員さんはインドやバングラデシュ系の方が多かった印象。飲食店の店員や厨房に多いヒスパニック系の方は遭遇しなかったです。

日本のコンビニは、忙しく合間にちょっと…の感覚で買える飲食物が相当充実していて、かつクオリティが高い。帰国時の実感は、弁当とおにぎりの味の良さと安さ。味はどうしても日本人の感覚なので、比較になりませんが、多種多様な「おにぎり」は海外でも支持されるのではと。身近なアメリカ人の小学生はなぜか「スナック」感覚で、おにぎりを好んで食べていました。

OEMや配送システムも日本独特でしょうね。仮にいまアメリカでコンビニがなくなっても生活は維持されるでしょうが、日本なら…ちょっと困るヒト続出ではないでしょうか。その意味では、日本は社会インフラになっているという点でも違うと思います。
ホットスナックがホットドッグなのは、いかにもアメリカという感じ。

井口さんもコメントされているが(有難うございます!)、小売飲食の業態での統一度はチェーンや酒類によって違う。元々米国から日本にセブン(だけでなくローソンもとかだが)を持ってきたときに、オペレーションマニュアルの大部分は使えなかったのは有名な話。ただ個店管理とか粗利ベースで共存共栄していくといった経営コンセプトが強く影響を与えたように記憶している。
飲食については、特にローカル性が高い。逆に想像してみてほしいのは、日本でホットスナックがホットドッグだったら、肉まんやななチキなどと同じ頻度で購買するか、という点。国民食的な食べ物は異なる。
一方で、日本の食文化はジワジワ広がっているし、Bento(弁当)という言葉も広がってきている。それはすでにそのオペレーションノウハウを持っているセブンにとっては追い風。8月に発表したMarathonのコンビニ事業買収でも、フレッシュフードの強化が商品政策では掲げられており、日本でもセブンの中食・惣菜を支えるわらべやの米国法人との取り組みも記載されている。
https://www.7andi.com/ir/file/library/ks/pdf/2020_0803ks.pdf
米国のセブンイレブンと比較した記事ですが、実際にはほぼ別物の印象です。店内は決して綺麗ではなく、品揃えも悪く、何より暗い。女性としては不安になるくらい。同じコンビニ、同じ名前で運営されてはいますが、日本のコンビニは全く独自の進化を遂げているのが分かります。

それにしても日本のコンビニの多数はどんどん商社の商流に飲み込まれつつあって、それはそれで何だかなあ、な感じを生んでいますね。
セブンはアメリカ在住時代やシンガポール出張時にもよく立ち寄りましたが、日本のセブンの圧倒的クオリティの高さと比べると海外セブンのクオリティが見劣りして。。そもそも食品コーナーなどは全く別次元。日本のコンビニはコンビニならではの食品が工夫されてて、すごいと思います。
アメリカでコンビニエンスを追求しようと思ったらコンビニではなく、ウェブサービスやデリバリー系ですかね。
各国のコンビニをのぞくのは楽しい。  コンビニといえば「おにぎり」だが、これは日本ならではの商品。 肉まんや焼売がシンガポールで売られていた、
ニューヨーク飲んでホットドックといい、そこに住む人の生活が想像できる。
商品は、まったく違います。
日本のセブン-イレブンが、日本のおにぎりにあたるサンドウィッチを、美味しくしようと、鮮度や輸送品質を改善したそうですが、基本は、郷にいれば郷に従えで、アメリカ独自の品揃えです。
もともと、アメリカ傘下のタイのセブンイレブンは、日本に似ているのは、意外です。

ちなみに、日本人にはわかりづらい「自発ドアマン」というのは、ドアを勝手に開けて、チップをもらおうとしている人です。
街中のセブンイレブン前には、結構、お金をもらおうと浮浪者が座ってたりして、入りづらいんです。
まだ、自発ドアマンのほうがかわいいですよね。
私のいるフィリピンのセブ島にもたくさんセブンイレブンがあります。
日本とまるで売っているものが違うので、地域に根差しているのでしょうね。
日本のようなお弁当やおにぎりが売っていれば嬉しいのですが、、、
違うのは商品どころではないですね。位置付けに天と地の差があります。

日本のコンビニは凄過ぎる。ただ凄過ぎる「コンビニ」をつくるのではなく本当に究極までコンビニエンスなストアを追求して欲しい。自動車が馬車や人力車と比べて「自動」なところで進化を終えて停滞するのと同様、究極に自らのフィールドを貫いて欲しい。

王者セブン(日本)が「これからはお客様に来て頂くのではなく、こちらから伺う」のが究極のコンビニエンスと変革の方向性を示したけど、アメリカのこのどうしょうもないコンビニは、日本の素晴らしいコンビニによってではなく、別の世代の他社によってディスラプトされ、すでに日本のセブンが目指すサービスを実現してきている。
ハワイのはまた全然違いますよ 好きですねぇ、セブンイレブンのスパムおにぎり よく行ってましたねぇ、McCully & Kapiolani にあるセブンイレブン 駐車タイヘンなんですが
株式会社セブン&アイ・ホールディングス(英語: Seven & i Holdings Co., Ltd.、通称表記:セブン&アイHLDGS.)は、セブン-イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂、そごう・西武などを傘下に持つ日本の大手流通持株会社である。日経225及びTOPIX Core30構成銘柄である。 ウィキペディア
時価総額
3.04 兆円

業績