新着Pick
17Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
処理水の処分については海洋放出しか選択肢はないと思います。

この処理水を「汚染水」と呼ぶマスコミもいますが、セシウムは除去されているので海洋放出自体は国際基準でも全く問題のないレベルです。
同じレベルのものは他国も海洋放出していますし、トリチウム濃度でいえばラジウム温泉なんかの方がすっと高い。
このあたりをマスコミもしっかり伝えた方がいいと思います。

来年で東日本大震災から10年を迎えますが、福島原発の廃炉作業はこれから少なくとも30年先まで続きます。
その中で、この処理水や、除染ゴミ(原発および原発被災地域を助成した際に出た土や草)の処分方法が全然決まっていません。
これを全て福島県に押し付けていいのでしょうか。
基地は沖縄、原発ゴミは福島というのは同じ日本人としていかがなものかと思います。

処理水と除染ゴミは全都道府県で分担するぐらいの議論が必要だと思います。
先日、首相交代後に加藤官房長官がこんな発言をされており、徐々に状況を固めておられるのかなという印象を受けています。

放射性物質含む水の処分 加藤官房長官 結論出す時期との認識(9月17日、NHKニュース)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200917/k10012623641000.html?utm_int=nsearch_contents_search-items_002