新着Pick
670Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ここでいう「不安」は、外の世界に触れずに社内の見えない所でいくらコミュニケ―ションをとってもビジネスに必要なスキルが身につかず、下手すると会社と共に「沈んでしまう」ことをから来ていると思います。
僕が企画部門にいて記事にある様な仕事を銀行でしていたころは、社内の仕事がメインでも、会社から外に出ても価値があるノウハウや専門知識を身につけることを意識する様にしました。社内のみに通じるノウハウや能力は本質的な価値が無いこともあるので、程々でいいかなと見切ってました。
後はなるべく営業の人についていったりして外に出るようにしました。尺度を外に置くことで客観的に自分が見れる気がします。
社会人基礎力という経産省が提示した「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」というものがあるのですが、コミュニケーション能力はありません。
https://www.meti.go.jp/policy/kisoryoku/index.html

3つの能力に、それぞれの能力を構成する12の能力要素があります。普通に仕事してたら、関係者とコミュニケーションするのは前提で、コミュニケーションで何をするのかはまた別の話です。おおよそコミュニケーション能力を推し過ぎな世の中なので若いと、コミュニケーションにのみ気が向くかもしれませんが、コミュニケーションのその先に何があるのかを考えてみるといいと思います。
リンクアンドモチベーション樫原さんの著書『エッジソン・マネジメント』では調整という業務のことを最高の芸術行為と述べられています。

以下、引用

>先輩社員との座談会で、入社5年目の社員に「どんな仕事をされているのですか?」と聞きました。
「そうだな。日々、調整だな。調整の日々だよ。これが、すごい大変」
 と端的に答えたそうです。この答えを聞いて学生はどう思うのでしょうか。おそらく、仕事内容についても、この先輩社員に対してもあまり魅力を感じないのではないでしょうか。
 しかし、よくよく話を聞くと、この先輩社員は、宇宙関連の仕事をしており、関係者はNASAや日本政府、協力会社など多岐に渡りました。当然、それぞれの「利害」や「思惑」もバラバラであり、その「合意形成」は困難を極めます。プロジェクトの推進において「合意形成」が不可欠であることは自明のことです。だからこそ、「日々、調整」をしていたのです。

--引用おわり

結局、ここらへんは好き嫌いも大事だと思います。そもそも大きな仕事となると当然一人ではできないので、調整も重要になる。そこまで大きくない仕事は一人で勝手に進めることもできる。バランスもあるかと思いますが、それなりに調整業務の多さとプロジェクトの大きさは相関関係があると思っていた方がよいと思います。

たぶん、就活でコミュ力大事と言われるのは大企業ほどそうだと思います。関係者が多いですから。ベンチャーだと「コミュ力なんてなくても良いから戦闘力高い人」などもあるかもしれません。
自分が、組織の一員として「貢献しているのか」『今の仕事の結果がどう評価されるのか」などの存在価値が実感できるかどうかがキー。 特に大きな組織だと自分の役割と企業価値との関連が見えにくくなっている。
直接顧客に接することのない部門は、ぜひカスタマーボイスなどの顧客からの声に触れて欲しい。 顧客や社会から求められている企業活動の一員であることを実感してみては。
長い社会人生活、何を拠り所にして生きていくかと言えば「自分自身」です。

といったときに結局頼れるのは自分自身か、と思ってしまう方はおそらく間違っていて、自分に自力があり魅力があれば周囲は自然に寄ってきます。手放さなくなります。

まずは自分の腕を磨き、社内外の方々と多く語らうことです。自分という人間を知っていただき、周囲の方々のことをよく知りましょう。

コミュニケーション力、調整能力は間違いなく大事。それとともに自分が何を極めるか、社会に出て3年くらいを目処に方向性くらいは持っておきたいものです、後に変わっても構わないので。

新入社員のこの時期の不安なんて5月病のようなものでは。私も一年生のときは消え去りたいくらいに落ち込み、ふさぎ込んだことを覚えています。それでも今もしぶとく生きていますよ。
大企業の定義によって、社内コミュニケーションに終始するかどうかは異なると思う。社内コミュニケーション(社内調整)にリソースが割かれる企業=業務量に対して人的リソースが潤沢にある、という事だと思う。良く言えば考えなくても収入が入る企業だと思う。一方でアウトプットにフォーカスしている企業は社員はもれなくKPIに追いかけられる。どちらもメリットデメリットあるので、その上でどちらをとるかは個人の価値観次第と思う。
「大企業の仕事がコミュニケーションばかり」とは言い得て妙ですね。
特に新入社員としては入社したらテレワークで合理的なコミュニケーションを経験をしたうえで、リアル職場での必要以上のコミュニケーションには違和感があるでしょう。

あまり合理的で無駄のないコミュニケーションも新しいモノを生み出しませんが、日本型企業として「これがメンバーシップ型の働き方だ!」とか開き直ると「沈没ッ」する可能性もあります。

少しずつコミュニケーションの形はシンプルになっていくとは思いますが、でも、まだ半沢直樹のようなコミュニケーションの権化なドラマが人気なのでまだまだ日本型企業ではコミュニケーションばかりの仕事は衰退することはないでしょう…
コミュニケーションは大事な能力ですが、そればかりだと不安を感じるのもよくわかります。システムインテグレーションの世界でもマネジメントの中心はコミュニケーションです。これ自体はどこの業界でも必要なポータブルスキルなので是非磨いて欲しいところです。

その一方で、IT業界でも実際にモノを作り出すコーディングスキルや製造スキルといったものが軽視されたりして、船頭多く…という世界観に不安を覚えるのも確かです。企画やマネジメントばかりでモノを作れないSEが多いのも事実で、世界的な競争力につながっていない原因の一つです。
社会人になって初めて上司から受けた訓示が「仕事の9割は調整」。コミュニケーションで、仕事を落とし込む。大学では教えない。大学で教えるのはWhat。企画と分析。社会で必要なのはHow。実現力。新入社員は戸惑うよね。
ブルシットジョブですな