新着Pick
72Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
報道されているスキームとしては、Bytedanceが8割持つのだから、連結会計的に普通に考えれば子会社になる。そしてBytedanceに米国投資家が4割投資しているから、20%+80%x40%=52%で過半という「報道向け」ロジック。
発端となっている安全保障としては、財産持ち分だけでなく議決権が重要。法制度としてどういうスキームができるのか分からないが、Bytedanceが8割を握るのではなく、2割の米国投資家がストップをかけられたり、Bytedanceの米国投資家がなんらかの影響力を及ぼせるみたいな仕組みが必要だろう。将来的な上場を考えているという点では、現在と上場時の種類株スキームとか?
う〜ん、トランプは政治的な立場で嘘をつくだろうし、バイトダンスは商売のためにごまかす可能性もある。何が本当かわからない案件。
現在の計画では、TikTokのアルゴリズムや技術はTikTokグローバルに移転されない。オラクルはTikTokの米国のソースコードへのセキュリティアクセスを有する。
という結果になれば、中米双方にとっていい結果。
今、とても言葉遊びのタイミングではない。
TikTokは、完全に政争の具になっていますね~。

米国側は、安全保障という原点に立ち戻って、半数近くの株式取得で妥協してもいいと思います。

しかし、中国側が80%という数字を出してきたのでは、どうしようもありません。
完全に会社を支配できますから。

「提携」という玉虫色の「落とし所」を考えたのはいいけど、持ち株比率で綱引きをやっているというのが現状のようです。

おそらく、どこかで落ち着くと思いますよ。
話がひっくり返されることはないと思います。
(ひっくり返ったら、トランプ大統領のメンツは丸つぶれですから)
TikTokグローバルの所有者が、中国じゃダメだというのは、中国共産党が、このグローバル社に情報提供を強制できるということなんだろうか?
できる可能性があるから、トランプ大統領は、国民の安全のために、ここまで言ってるんでしょうね。
19日に、トランプ米大統領が説明した「米ソフトウエア大手オラクルと小売り大手ウォルマートは週末、両社と米国の投資家が合わせてTikTokグローバルの過半数株式を取得するとしていた」内容と異なるものをバイトダンスが発表。