新着Pick
204Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
陸上ドローンと空中ドローンでは、危険度が大きく違いますから、まずは時速10,20キロ走行なので、事故が起こっても大きな事故にならない陸上ドローンが宅配の主役になります。

しかし、実用化という面では、医療用で使う空中ドローンです。自分が知る限り、世界最初の空中ドローン実証実験は、ドイツで運んだ医療関連でした。

また、期待したいのは、この記事にはなかった、重量物を運ぶドローン。中国JD.comが2トンの荷物を運ぶ空中ドローンを実用化しています。

一軒一軒運ぶ宅配と比べ、大幅に採算が取りやすく、投資回収も早いでしょう。

来年再来年には、ドローンが日常で見れる街が、中国かアメリカで出てくると思います。
ドローンが我々の社会に入り込もうとしている.2次元の流れからプラス1次元で3次元へ.しかし,2次元前提で作られた社会インフラに新参者はその能力を十分に活かしきれない状態が続くでしょう.3次元ではなく,不完全な2.5次元と言うべきか.例えば,現在の住宅やビルは空には開かれていない.3次元化に向けて,インフラ,建物,住宅も変わっていくでしょう.
「ドローンとロボットと全自動運転車の3つを組み合わせた、究極ともいえる全自動配送サービスのアイデア」。期待します。ただ実需はどれほどあるかな。ラスト1マイルは案外、ずっと人力がコスト優位を発揮して、「奪われない」仕事として残るかも。
楽天のAirMapとか、ドローンなどの管制プラットフォームがいくつかある。一つにまとめるのか、複数のプラットフォーム間で連携可能にするのか、どうなっていくのだろう。
今はドローン単体の制御が目立つけど、多数の無人機が運用される時に、安全な経路(地上も含めて)を確保する仕組みがまだ見えてこない。
大都市圏の通常貨物は、ヤマトや佐川、amazon/楽天+地場配送業者がドミナント配送網を構築済なので不要かもしれませんが、積載率の低い地方ではドローンが主流になりそう。バイク便がドローンに代替されるか否かでしょうか。

業績

Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またFAANGのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
173 兆円

業績