新着Pick

コンビニがいま総菜と冷凍食品に力を入れる訳

東洋経済オンライン
都内のとあるファミリーマート。店内を歩くと、緑色のパッケージに入れられた豆腐や納豆、こんにゃくが目に飛び込んでくる。同社のプライベートブランド(PB)商品である「お母さん食堂」では、豆腐などの賞味期限…
223Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コンビニはオフィスエリアにある店舗の売上が大幅減、結果として特にオフィスエリアの比率が多かったファミマとローソンの平均既存店売上が減少。
一方でコロナによる内食需要の増加によりスーパーマーケットの決算は絶好調。内食・中食の選択肢としてどこまでコンビニが幅広い選択肢を掲示できるかがポイントになっていますね。生鮮は在庫管理と品揃えの難易度が極めて高いので、スーパーマーケットの売り場を考えると馴染まない一方、冷凍食品はシェルフライフが長い分扱いやすさがありますね。
惣菜の属する中食はUberEatsなどのフードデリバリーも増えてきている中で、競争激化、本当に美味しいものを定期的に出し続けられる商品開発力が求められますね。その点7&iが一歩先を進んでいますが、残りの2社は果たしてキャッチアップできるでしょうか?
最後の下記の言及に注目。
環境変化や競争の行く末の判断は、簡単にはいかないと思っている。というのは組織に危機感がどれだけ強いかで、未来は変わるから。
コンビニは、コロナ前から業態として成長率が落ちていた。そしてコロナで在宅が増え、スーパーやドラッグストアが好調な一方で、オフィス需要やちょっと使いが減った業態。その観点で危機感が一番強くなっている業態かもしれない。危機感による業態変化・進化だけで抗えないマクロ的な流れがあることもあるが、一方でコンビニはこれまでも変化・進化を続けてきた業態。
むしろ危機でFC全体に数値として突きつけられて、業態改革を進めやすくなったと考えることもできると思う。3年後、5年後にどうなっているだろう。

『業界外のライバルが増え、従来作り上げてきた成功の方程式も通用しない。「コンビニが勝つ」難易度は、コロナ前よりも高くなっている。』
コロナと絡めた記事ですが、コロナ前からの大きな流れですよね。特にセブンの冷食への取り組みは突出していて、話題になった雑誌コーナーの縮小の代わりに打ち出されたのは冷食棚の拡充ですし、買いやすいように扉を開けなくても取れる上が空いた冷凍庫を一気に投入できる資金力などはやはりさすが、と感じます
コンビニ各社の様々な取り組みがわかる記事。
「セブンは客単価を上げる取り組みも進めており、グラタンのサイズを小さくし、サラダと組み合わせて購入してもらえるような販売実験を行っている」
良いですね。セットで購入しやすいよう隣に配置するなど配慮があると、こちらとしても気がつきやすいですね。セットでお得に変えたらなおありがたし。
興味深い変化

7月には冷凍食品の1店舗当たりの売上高は前年同月比で1.5倍

要因こんな感じかな?
外出量を減らすためにまとめ買い
家族がいつも家にいるから冷凍食品
そもそも冷凍食品が美味しく栄養価も高くなっている
生鮮野菜の充実度が高まった気がする。
ローソンストア100は以前からそうだったけど。
株式会社ファミリーマート (英: FamilyMart Co.,Ltd.)は、日本のコンビニエンスストア (CVS) フランチャイザーである。東証1部に上場されている大手総合商社、伊藤忠商事の子会社。 ウィキペディア

業績