新着Pick
73Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
真実がどこにあるかはさておき、このSARSコロナウイルス2の流行によって、急速に研究が進んだものの一つがマスクでしょう。

これまで当たり前のように「風邪の予防にマスク」、「インフルエンザ予防にマスク」と言われてきたわけですが、これらの「当たり前」にはあまり科学的な根拠がありませんでした。

根拠のない「当たり前」に根拠を持たせるという作業はとても大切です。マスクがこんな時有効だ、有効でない、と根拠を持って言えるようになるのです。

このような、日常のありふれたところまで感染症の研究を加速させたのは、コロナウイルスがもたらした財産だと思います。
飛沫を抑える効果ではなく、ウィルスの接種を抑える効果についての仮説。
飛沫を一杯浴びた人ほど重症化しやすいという観察からの発想か。
 
そこから、マスクをした人が重症化しにくいという仮説へたどり着くのは、素人考えだが無理筋では?