新着Pick
86Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今回の許可対象となるフォスターシティは、60年代にできた計画都市のため、広い歩道がよく整備されて、車が走りやすい街。また、埋め立て地の「島」であるため、通過トラフィックがないどん詰まりの場所。なるほど、無人車両のテストには適していそうです。(ちなみに、日本人の住民がとても多いです。)
無人テストまで実施するためには、一気に上がるハードルをクリアしなければいけないので、4社目となるZOOXの動向に注目ですね。

4社を見てみると米国では、WaymoとZOOXの一騎打ちという感じでしょうか?そして、Aurora Innovationが、いつ名乗りをあげてくるのか?

AutoX:もともと中国系、BYDとパートナーシップ、たぶん中国で展開
Nuro:デリバリーに注力
Waymo:ロボタクシーなど、乗用車用の自動運転
ZOOX:同上

(以下、記事中から引用)
全部で60社がドライバー付きでの自動走行車両テストの認可を得ているが、ドライバーなしでとなるとそう多くはない。AutoX(オートエックス)、Nuro(ニューロ)、そしてWaymo(ウェイモ)だけだ。ドライバーなしでのテスト許可を持つこれらの企業は保険の証明、あるいは500万ドル(約5億2000万円)相当の債券を提出し、そしてテクノロジーを使ったリモートオペレーターの訓練などいくつかの規則に従う必用がある。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
Zooxが創業したのは2012年、今年Amazonに買収されました。Amazonの目的は物流への活用だと言われています。

できて8年の会社が公道での無人テストをやっている一方で、自動車を基幹産業とする日本政府の動きは遅くないでしょうか。
アマゾンが6月に買収したのが記憶に新しいZooxがカリフォルニアの一部で自動走行車両公道テストの許可を取得したそうです。期待!

米アマゾン、自動運転ズークス買収で合意 10億ドル超か(Reuters、6月27日)
https://newspicks.com/news/5021203
見間違えてzoom越しに運転するって話かと思ったわ。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またFAANGのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
173 兆円

業績