新着Pick
107Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
2045年というと四半世紀も後で、2000万台というと今の全世界の年間販売台数の1/4にしかみたない。絶対にこんなに時間はかからない。指数関数を考慮しないと短期を過大評価して長期を過小評価してしまう典型的な例。
自動運転車に合わせた道路整備、区画整理が必要だと思います。
5G通信(6G、7G)に合わせたバックボーン整備、整備後も次世代に向けて絶えず更新されていくでしょう。無線部分の比率が高まり、物理的なケーブル整備の負担(費用、年月)は軽くなるかもしれないが。

将来に向けて、国の産業全体が変わっていく中で、その一部分として自動運転車に合わせた環境整備が進んでいくとしたら、それは長いスパンで見ないといけない。
レベル3までの自動車が半数以上を占めるなら、安全に共存可能な仕組みが求められる。

25年は長いなと思うけど、それくらいは掛かりそうな気がします。
現在の道路・交通インフラと、今の移動手段(1-2トンの乗用車)ありきの予想に見える。自動運転を想定した社会インフラを1から整備した都市ではずっと早いだろうし、そうで無い所は、無理して自動化する意味があるかも含めて議論になるだろう。
株式会社富士キメラ総研(ふじキメラそうけん、英:Fuji Chimera Research Institute, Inc.)は、東京都中央区に本社を置く、日本のマーケット調査会社。略称はFCR、キメラ。 ウィキペディア