新着Pick
479Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
わかりやすくまとまった記事。 この問題は、引き続き議論されるだろう。 特定の企業に消費者が集中しやすいプラットフォームビジネスの強さと規制にチャレンジに注目。
アマゾンをはじめとするデジタルプラットフォーマーとの向き合い方は、今後の経済ニュースの大きなテーマの一つです。
「確約手続」のお話を聞くにつれ、本来規制をすべき大きなプレイヤーほど、取り締まりをすり抜けやすい環境へと向かっているようにも思えてきました。
ただ取引の透明化が進むように法律ができました。これがどれほど抑止として働くのか、その経過をみたいと思います。
優先的地位の濫用についての調査は、小売業界やメーカーなどでも実施されています。弱いものいじめをしてはならないというのが趣旨です。

ただ、仕入れの際に値段や条件を交渉するのは当然。これが優先的地位の濫用になるかどうかの判断はむずかしい。

消費者にとって、高品質なサービスで安く買えることは嬉しい。
アマゾンなど、ECのデジタルプラットフォーマーは、強力な集客力がある場合、独禁法の優越的地位の濫用違反リスクは常に付きまとう。

ー消費者にとっては、品揃えや価格はとても魅力的 ー 信頼できる消費者の味方
ー出店者にとっては、結構「虐められている」感がある ー 手数料など色々と金を要求される

結局は、両者の間でバランスを取るしか無いんでしょうね。
「消費者味方」から「市場活性化のリーダー」に哲学を変えてはどうでしょう。
ちょいちょい話題になりますが、単発のニュースでは全体が見えてこないので、まとめて理解できました。
この連載について
世界最大のEコマース企業であるアマゾンの勢いが、止まらない。コロナ需要によって、2020年第2四半期は過去最高益を叩き出し、時価総額は150兆円超に。従業員数も100万人を上回り、もはや「国家」のような規模に膨れ上がっている。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またFAANGのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
173 兆円

業績