新着Pick

大学の授業料「返還対象でない」 私大連、遠隔批判に見解

共同通信
大学の授業料「返還対象でない」 新型コロナウイルスの影響で大学の遠隔授業が増え、学生から授業料などの減免を求める声が上がる中、日本私...
256Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「授業料は学位授与を見据えた総合的な経費」という意味は、大学側の経費の回収だと言いたいのだろうが、問われているのは、学生にとっての授業料の意味だから、問いと応えが対応していない。

学生は、学生として適切な対応がなされていないと、不安と不満を表明しているのだから、大学側の都合をいっても解決にならない。

この回答は、大学が、自らを教育機関ではない別のものだと考えていることを暴露している。

未経験の感染症対策だから、学生とともに考えるという姿勢がないところが深刻な問題だ。

慶応の塾長ともあろう人が、Universityの本来の意味(人の集まり)を知らないとは驚きだ。学生は大学の必須の構成員なのだ。
>授業料は学位授与を見据えた総合的な経費で、減額・返還の対象ではない

まともな授業をしなくても、「〇〇大学卒業」という学位を与えれば満足するのだろうという見解でしょうか?

日本の大学が「教育」に真剣に向き合っていないことを如実に表わしています。

学生が期待する「教育の機会」を保証し、それに付いていけない学生はどんどん落第させるという姿勢とは程遠いですね。

日本の大学教育のレベルの低さを、大学側が自認しているようなものです。
【授業料は学位授与を見据えた総合的な経費で、減額・返還の対象ではない】

学内での学生交流・サークル活動、大型図書館の利用、キャンパス内での食事、小人数・小部屋での活発なゼミ議論、大教室での講義。

これは自分が大学生だった頃の、こと、大学内だけに限って日常的に行われていたものです。

一言でいえば、【大学に行く】ことで成立するものばかりです。逆に言えば、行かなきゃ成り立たない。

大学側が、記事で言う総合的な経費というなら、これら以外の内容の何に金がかかるの、納得いくレベルで明示してほしいです。

学校に行くことで成立する活動を維持するために、かかる費用のほとんどは【教授とスタッフの人件費】でしょう。

学内に人がいなくなり、学生対応が確実に減ったスタッフ。授業がオンラインになり、コンテンツ化出来、時間の自由も増えたかも知れない教授。

労力が減っているのに、コストは下がらず維持、それを学生と親が支える。

企業と単純比較は出来ないですが、経営体という点から見たら、かなりイビツで筋が通りません。

説明不足・視点違いに気付いてほしいです。

一方で、これから大学のありようは、大きくかわるでしょう。

オンラインで授業出来るなら、物理的場所として大学がある必要はない。

むしろ、今以上に開かれた【キャンパスパーク】的な場所を作って学生が集まるようにしては。校舎は減らして。
返還を訴える人たちはオンライン教育の真の価値まで見れてないのでは?

オンライン教育になることにより、無駄な時間を過ごさなくて済むようになる。投資する時間を抑えて同じ学位を手にできる。つまり時間対効果が高くなる。

その分学校以外のことにもっと時間が使えるようになる。

4年間をより実りあるものにできる。

無論、大学も大学で減額処置もしくは返還しないと決めるのであれば、オンラインになって教育の質が下がっているという批判に対しては徹底的に対応するべき。
妻の通う通信制大学では、急なシラバスの変更でオンライン授業がなくなり、毎週課題が送られるだけとなったため、批判が殺到したらしく、希望者は登録キャンセルの後に返還対象となりました。
だからさっさと通常の状態に戻せよ。学生も学生の親も金を返してほしいと言ってるのではなく、ちゃんと責任を果たせよと言っているだけ。風評被害だのなんだと言ってるけどてめえらのことだけしか考えてないでしょ?
純粋にサービスの対価ではないということなのだと思いますが、支払う側からするとこれまでの提供価値との差を感じるがゆえに納得はできないところもあると思います。
ーー
「授業料は学位授与を見据えた総合的な経費で、減額・返還の対象ではない」との見解
この議論の帰趨はともかく、今後は国公立大学を志望する動きがより高まりそうです。
【難しい問題‥】

どちらの立場の意見も分かりますね。

大学側は学生が何人来ようが大丈夫な授業もあるだろうし

学生側は授業受けられないのに学費を通常通り払うのはおかしいだろうし

まあ、大して大学行っていない人も大勢いるはずだから‥なんとも言えないかもですが。
まともなオンライン講義を実施しているならわかります。ただ学生の話を聞いていると適当な講義を実施し、膨大なレポートを書かせるだけの授業も増えているそうです。そのような授業が本当に対面のだいたいと言えるのでしょうか?
関連記事一覧
「教えない授業」の先生がつくった「オンラインでなければできない授業」
朝日新聞GLOBE+
147Picks

アメリカの起業家たちが後悔した「大学で“取っておけばよかった”授業」
クーリエ・ジャポン
132Picks

人事関係者が口を揃えて証言「テレワーク時代にリストラ対象になる人」5つの新基準
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
97Picks

東京大学でオンライン授業を3週間受講して <課題・対策・リクエスト>
note(ノート)
40Picks

パソコン足りない!図書館使えない!私の卒業どうなるの?オンライン授業、学生のホンネと大学の事情
ニュースイッチ
23Picks

「後戻り」できない大学の授業はどこへ向かうのか? ニューノーマル時代の大学(第9回)
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
17Picks

文科省が「コロナ禍でも対面授業」にこだわるせいで、大学で「大混乱」が起きていた
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
12Picks

萩生田文科相「大学はうそつきという声が学生から寄せられた」 コロナ禍の大学どうあるべきか〈dot.〉(AERA dot.)
Yahoo!ニュース
8Picks

「#大学生の日常も大切だ」が人気。 一方アメリカの大学では、対面授業からオンライン授業への切り替えも
ハフポスト日本版
5Picks

激変する大学生活は学生にどう影響したのか?オンライン授業が多いほど充実度が低下
ビジネスジャーナル
5Picks