新着Pick
52Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「若者」がどの年齢までを指すか、この記事ではわからないですが…渋谷109の関連調査という点で想像すれば未成年が多そうですよね。収入がそれほどないため手持ち資金は限られ、現金が多くなるのは予想できます。

キャッシュレスの交通系ICは便利で使いがちですが、購入詳細の履歴が「物販」などカテゴリーが限定され、大きい値段になると後で振り返る際に困ることがあります。今回のドコモ問題で発覚した不正チャージもあり、履歴の重要性は増したように思います。

その意味では…履歴もしっかり残るクレジットカード派です、それも“丘マイラー”ですが。
20代前半までの若者は、自由に使えるお金が少ないので、必然的に現金払いをしているのは、昔からです。
クレジットカードを普段使いし始めるのは、だいたい20代後半から。昔と今で違うのは、交通系電子マネーが普段使いのキャッシュレス決済に使えるようになったことです。
→昔は、ここがTポイントカードの牙城でした。
交通系電子マネーを使うようになることで、Tポイントカードは存在感が低下しましたね。

Tポイントカードの電子マネー化が上手くいかなかったのは残念です。

ということで、記事にある

今後は日常的な買い物をキャッシュレス、大きな買い物は現金
→これは20代の話し。30代になるとクレジットカードを使い始めます。
「Webでは18~24歳の男女に質問し、計400件の有効回答を得た」

まさにこの世代を対象に実験したのではないかと思っていました。そもそも、学生だとクレジットカードは持てなくはないけど持ちにくいですし、上限額もそんなに高くありません。

また、そもそもそんなにお金を持っていないので電子マネーとして持っておくとなると他の支払いの選択肢をなくしてしまうため、逆に現金になっているのではないかと。

職業柄若い人とよく電車に乗りますが、彼らは頻繁に券売機でSUICA/PASMOにお金を入れに行きます。なぜ?と聞いたら1000円までしか入れないようにしているのだということです。電子マネーの恩恵にほぼ預かってないですね。

「時間はコスト」という考えに至るのはもう少し年を重ねてからなのでしょうか。
今現在これよりも年齢が5,6年若い世代が20代前後となる頃には、キャッシュレス派がさらに増えることでしょう。ちょうどうちの娘の世代になりますが、月のお小遣いはLINEペイで送金しているので、スマホ決済かカードでの決済が可能となっています。

日本人は小さい頃からお金に対して教えることなく、とにかく貯金信仰が根強いですが、お金の使い方を自分で考えて管理することは現金よりもずっとやりやすいです。財布に入っているお金だけでなく電子マネーの残高も気にすることで、お金についてもっと考えるようになると信じています。
【経済】高校生や大学生だとクレジットカード自体を持っていることがまれだと思うから、キャッシュレス決済にしたくてもできないというのが現状ではないだろうか?私は大学生の時に大学生協でクレジットカードを作って持っていたけど、限度額が20万円くらいに設定されていたし、使い過ぎが怖かったのでほとんど使ってなかった。

高校生・大学生で限度額が高めのカードを持てるとすれば、何かあった時でも親御さんの経済的信用でバックアップできるというカード会社側の判断のおかげ。収入が見込まれない人間に対して「与信」を取ることなどない。
クレジットカード持てないし、現金→定期Suicaチャージぐらいしか手段がないから当たり前では。キャッスレスの市場がある、ということですが。
18歳~24歳は、親のお金の使い方の影響が残る年代だと思います。
就職して自分の生活を自分の給料だけで賄うようになり、クレジットカードもそれなりの限度額で持てる様になってくると変わってくるでしょう。
サンプルバイアスです。
109アンケートということは10代が大半のはず。日本のキャッシュレスはクレジットカードが前提のため、当然現金の方が使い勝手が良いとなります