新着Pick
52Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
誤解のないようにコメントさせていただきますが、新型コロナウイルスのワクチンに限らず、インフルエンザワクチンであれ、肺炎球菌ワクチンであれ、あらゆるワクチンで副作用は報告されています。副作用のないワクチンというのは、この世に存在しません。

全ては、副作用と利益の天秤の中で、決まります。

例えば、過去にインフルエンザワクチンを接種された方であれば、注射部位の痛みや腫れを経験したことがあるかもしれません。これは副作用です。あるいは、注射した翌日に微熱が出たり、だるさを感じたりしたことがあるかもしれません。これも副作用です。

これまでに報告されている第二相試験までの結果からも、多くの方に痛みなどの局所的な副作用、約半数の方に微熱やだるさといった軽度から中等度の全身的な副作用が出ることが予想されます。

2度のワクチン接種が必要なこともあり、インフルエンザなどと比べてやや割合が多い印象ですが、現時点で格段に多くの副作用が報告されているというわけではありません。そして、この確実性を増す意味合いが現在の第三相試験にはあります。

これはあらゆるワクチン、薬剤と同じプロセスであり、このワクチンで変わったことをしていたり、真新しいことをしているわけではありません。
報道にいる側として「副作用」という言葉の方が分かりやすくて使いやすいのですが、この段階ではほぼ「有害事象」というべきでしょう。

有害事象とは「薬物との因果関係がはっきりしないものを含め、薬物を投与された患者に生じたあらゆる好ましくない, あるいは意図しない徴候、症状」を意味するもので、その中で薬物との因果関係が疑われるものを「副作用(副反応)」とします。

ただ、副作用(副反応)のないワクチンはありません。インフルエンザワクチンなどを接種後に注射部位が腫れるのも副作用(副反応)の1つです。こうしたものが一過性の症状でおさまり、なおかつその後感染予防あるいは感染後の重症化を防げるのであれば十分意味のあるものです。

ちなみに個人的にはあるワクチンで副作用(副反応)を経験したことがあります。接種当日の夜から朝にかけての発熱とふらつき、接種翌日夕方まで続いた倦怠感という経過で医療機関を通じて製薬企業にも有害事象として報告をしたほどです。このワクチンの2回目の接種の時は何も起きませんでしたが。

そんなこんなで一過性の副作用(副反応)で一喜一憂するのはあまり意味がありません。
副作用発生の頻度や確率などから、中断しないとの判断で進めているのだろうが、治験の母数は少ないだろうから、このまま世の中に出て一般利用が開始した際に新たな影響などが見られるのかもしれない。「急がば回れ」、節足となりすぎぬよう

業績

業績