新着Pick
169Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
酸素飽和度もそうですが、VO2max(最大酸素摂取量)が計測できると情報が出てますね。

その人の運動耐容能、単純には心肺筋の総合力を測定できるということ。
そして、最もその人の寿命を示唆する数値の1つでもあります。

医療目的でも色々使えそうですが、そもそも原理も含めてまだ理解していないので、勉強しなきゃですかね、個人的には。
新しいApple Watchは、【連続利用時間18時間】に伸びたそうですし、【血中酸素濃度】が簡易的に測れ、【高度計】まで搭載しました!
やっぱり、山登り専用Android版プロトレックよりも、魅力が増しますね。
他のスマートウォッチより売れるのは、理解できます。

ちなみに、【いびき】をする人は、血中酸素濃度を、睡眠中に測るべきです。
無呼吸の有無などが測れますからね。

また、心電図(ESG)機能も搭載していますが、日本では認可されていないのかもしれません。
バンドルサービスを必ず出すだろうと言われていましたが、ついに発表されましたね。
iCloudやApple News+、Apple Musicなどに既に料金を払っているのでバンドルはありがたい。
特にフィットネス好きとしては、Apple Watchと連動しているApple Fitness+はとても楽しみ。
ペロトンの高いトレッドミルを購入するのを躊躇していたのですが、
安いトレッドミルを買ってもApple Fitness+をApple TVで流しながら走ればよいのであれば
非常に助かりますね。オンラインフィットネスの競争がさらに激化しそうです。
血中酸素濃度センサーがあると何が良いのか。

https://www.jrs.or.jp/modules/citizen/index.php?content_id=139
上記サイトから簡単に要約すると、

・皮膚を通して動脈血酸素飽和度(SpO2)を測定する。
・肺から取り込まれた酸素は、赤血球に含まれるヘモグロビンと結合して全身に運ばれる。酸素飽和度(SpO2)とは、心臓から全身に運ばれる血液(動脈血)の中を流れている赤血球に含まれるヘモグロビンの何%に酸素が結合しているか、皮膚を通して(経皮的に)調べた値。
・受光部センサーが、拍動する動脈の血流を検知し、光の吸収値からSpO2を計算し表示。
・酸素飽和度(SpO2)は肺や心臓の病気で酸素を体内に取り込む力が落ちてくると下がる。主に病院や在宅治療の患者が必要に応じて測定します。睡眠時無呼吸症候群の簡易診断にも利用される。加齢によってもある程度低下し、労作時にも変動。
・一般的に96~99%が標準値とされ、90%以下の場合は十分な酸素を全身の臓器に送れなくなった状態(呼吸不全)になっている可能性があるため、適切な対応が必要。
・慢性に肺や心臓の病気のある患者さんでは、息苦しさや喘鳴などの症状が強くなり、SpO2が普段の値から3~4%低下した場合は、かかりつけ医に連絡するか受診をする必要がある。
・測定値のもつ意味はその人の状態やかかっている病気によっても異なるため、測定値の判断は主治医など医療専門の方の指導を仰ぐのが望ましい。
タイムリーですね。コロナに合わせて
機能を作ったのでしょうか?

人の体調の情報は増えてきていると
思います。これをもっと意味ある物に
するには、その原因の情報を重ね合わせる
事だと思います。

それは、仕事の状況、食事、運動、
ライフイベント等が有ると思います。
人にセンサーを付けるだけでは、
分からない事を、繋げる事が
大切だと考えています。
「腕時計をつけなかった層」「高級時計を検討(もしくは利用)していた層」含め、Apple Watchは腕時計市場にとってのマーケットクラッシャー(勝手に言葉作りましたw)となりました。

価値観の多様化の流れの中には、従来あたかもブランドバッグや高級時計を持つ事が成功者の証であるかのようであった状況から、
「本当に自分が良いと思うもの。共感できるもの」が選ばれやすくなりました。

インフルエンサーの台頭はその時流にとてもマッチしていると思います。

製品やサービス、そしてコンテンツやエンターテインメントも、この【共感】を得られないものは淘汰されていく流れが来ているのだなと体感します。
予防医療がこれからのスタンダードなのでこうしたサービスが付加されるプロダクトは追い風でしょうね。コロナも相まってより個人個人が健康に気遣う時代だしね。
Appleの医療・ヘルスケア領域への進出は先見の明があるというよりも、必然かと思います。

「巨大な市場規模があり」「テクノロジーによるディスラプションが進んでいなかったが」「規制緩和などの機運が高まっている」領域としては、ヘルスケアと教育くらいだからです。
心疾患、肺気腫等の病気方には役立ちますかね。
早期に病気を発見できる第一歩な気がします。
自身で試すためにも、購入します。
便利に使ってるので更新する気ですが、赤か青か迷います。