新着Pick
267Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
極めて妥当な人事だと思います。
改革には力が必要。いわゆる「改革派」を集めるだけでは、世間知らずの野党政権と同じ。
仮想敵の最も嫌う人事を仕掛けてきている。
マスコミの人気取りもしない姿勢も明らか。
菅総裁の徹底したリアリストとしての顔が際立つ人事。
アベノミクス継承でとりわけ金融市場で大切なことは金融財政政策が継続することですから、そのトップが変わらないことは海外へのメッセージにもなるのかなと思います。
菅氏が「内閣、そして党の要だ。極めて政権運営において重要な2人だ」と語った以上、麻生氏を副総理から降ろすつもりもないし、財務大臣よりも強い権限を持つ大臣もなかなかない。前掲の菅氏の言は、麻生氏を副総理兼財務大臣で再任という意味にしか解せない言葉だろう。
安部経産省内閣から菅財務省内閣にシフトするともっぱらの見立てです。菅総理は、梶山静六、加藤紘一、安倍晋三、と全く理念の異なる政治家を担いで、橋下派、宏池会、無派閥、と渡り歩いた仕事師です。こういうケースで、標語やキャッチフレーズで政治家を助けるのが得意なのは、財務省です。
菅政権での麻生副総理・財務大臣の再任が濃厚になったようだ。茂木外相の留任も報道されており、主要閣僚の留任で固めるところは固め、改革を行うところをは行っていくという、メリハリの聞いた起用を目指していくのだろうか。
マスコミが菅新内閣にどういうネーミングをするかが興味深い。過去にはお友達内閣やら、在庫一掃内閣やらと批判してきた。今回は、老人内閣、派閥内閣、論功行賞内閣など批判的なネーミングになるか、あるいは実力内閣や、アベノミクス継承内閣などの評価する名前となるか。まー批判的になるだろーな。
そういえば、シャア・アズナブルが「新しい時代を作るのは老人ではない!」と言っていましたよね。

あっ、クワトロ・バジーナでしたっけね。27歳の青年が自らを老人と称する。では、81歳は何でしょうか。やはりシーラカンスなのでしょうか。
妥当な人事です。

菅さんが力を入れ、石破さんの勢力を防ぐような策が出るところ、官房長官と地方創生大臣にとても注目しています。

アサヨミでは、小泉さんと橋下さん。
それは構わないが、金融担当大臣はもう少し斬新な人にお願いしたい。
財務大臣と外務大臣の留任は、政治に空白を作らない為には消極的ベスト策なのでは?積極的ベスト策は、走り始めてから打ち出していくと思います。
→どこかで積極的ベスト策を出さないと、総裁選での圧勝の意味がないとも言えるかと。

積極策がいつどこで出てくるか注目します。