新着Pick
104Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
色々経験をしてきましたが、今の年収よりも生活力を求めたいですね。
大企業に勤める年収1,000万円が一番危ういかな…
この企業を離れたら、再就職すら難しいかもしれません。

確たる金銭感覚を確立している人は、結果的にお金で苦労はしない人が多いと思います。その意味では、商売人は堅いなと。

今となっては、自分に掛かるお金が稼げれば、趣味での価値観が合う人を優先します❣️
→私の主張^_^
>結婚相手との「金銭感覚」については男女ともにかなり重視しており、97.7%という結果になりました。特に女性は「結婚相手と「金銭感覚」があうことは必要だと思いますか?」という質問に対して「必要」「やや必要」の回答がなんとほぼ全員を占める99.6%にまでのぼりました。<

金銭感覚が合うって、どういうことなんですかね。
「世帯年収〇〇万円くらいの生活がしたいよね→そうだよね」ということかな。
もう少し細かいと、
A「通常の平日ランチはワンコインが妥当だよね」
B「いやいや、1000円くらいじゃね?ワンコインランチだとちょっと物足りないよ」
A「500円と1000円だと、1ヶ月=20日で1万円の差になるけど?その1万円があれば旅行に行けるよ」
みたいな?これってランチに対する価値観の差とも言えるけど、有限な家計を、何に優先順位を高くするかという議論にもなる。むしろ実はそっちの方が大事で、「夫婦で大事にするものの価値観と、それにどれくらい使うことを許容するか」が合うかがストレスの有無に関わるような気がするなあ。それさえ一致というかお互いで理解し合えていれば、大きな問題にはならないのでは?
世の中には金銭感覚や生活スタイルのマッチングを主題にしたマッチングアプリもあります。NPでも何度か取り上げられたこともあります。続報を聞かないので、そこではなかったのかな、と勝手に推察しています。
年収よりも価値観が合っていることの方が大切だと思います。そうでなければ関係は長続きしないのでは。
それに相手に求めるばかりでなく、自分の足でちゃんと立てるように努力しないと、人生勿体ないですよ。
「400〜599万が35.6%、600〜799万が35.4%と、わりと現実的な数字」→ちっとも現実的じゃないね。400万円以上の未婚男なんて全国でたった3割しかいません。東京23区でさえ4割しかいない。しかも、それ50代の未婚男まで含めてだからね。その年収を狙えば、必然的に3割の女性が余ります。
「結婚相手に求める年収」と聞かれて、いくらあれば望む生活ができるから、みたいな考えで回答する方はほとんどいない。

年収は多ければ多いほどいい。
だけと、あんまり多過ぎると変な人もいるだろう。

ってことで、
「マトモな人で比較的高収入」
と思ってるトコに回答が集まる。
人生に打算を持ち込むと、幸せにはなれないと思います。

何故なら、人生、思うとおりにはいかないことが多いからです。

毎日の生活に感謝して生きる人生が一番幸せだと思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません