新着Pick
438Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コロナ禍の影響で自宅勤務が多くなり、歯ぎしりをすることで歯が折れてしまう方が多くいるというエッセイです。
強いストレス下では歯ぎしりや食いしばりによってそのストレスを代償します。
記事の中ではなるべくかみ合わせないようにすることや、マウスピース(ナイトガード)の使用を進めています。
そもそも歯ぎしり(ブラキシズム)とは、上下の歯が非機能的な接触を生じている状態を言います。
睡眠時ブラキシズムと覚醒時ブラキシズムとに分けられます。ブラキシズムは下顎の運動を伴うグラインディング(いわゆる歯ぎしり)とタッピング(カチカチさせる)、クレンチング(かみしめ)とに分類されます。睡眠時ブラキシズムは基本的には中枢性の問題で、睡眠関連疾患と考えらます。一方、日中クレンチングなどの覚醒時ブラキシズムは、様々な条件に伴って獲得された習癖であると考えられています。
 このコロナ禍では運動不足と精神的ストレスにより睡眠環境も悪化していると考えられます。歯科受診も勿論需要ですが、食いしばり等ある方は睡眠の質改善にも注目する必要があります。

歯ぎしりについてコメントした記事
https://newspicks.com/news/5205927?ref=user_5329017

睡眠の12か条のリーフレット
http://www.kenkonavi.jp/img/kyuuyou_img/kyuuyou_67.pdf
歯科医による実際的なアドバイス。
自分も歯科医の予約をとろうと思っていたところでした。

「コロナ危機の渦中では、インターネットで悲観的な情報を探しまくる「ドゥーム・サーフィン」から「コロナ恐怖症」まで、さまざまな不安が私たちの精神的健康に悪影響を与えていることは言うまでもない」

上記のような行動もありましたし、不安を解消してくれるような楽観的な情報を知りたい、読みたいという意思を感じることもありました。
「コロナと歯」で一番衝撃的だったのは、大室先生MCの『OFFRECO』で聞いた明石ガクトさんのエピソード。ストレスで、歯を嚙みすぎて、奥歯にヒビ…。
一時期、せっかちだったりストレス多そうな女性を見つけるたびに、噛み締めや歯軋りをしていないか確認しました。
するとほとんどの方が該当し、驚いたのを覚えています。

克服するには姿勢の改善とともに、体内リズムを整えることや日中のストレス対処スキルを上げるのが有効だと考え、精神科医と作ったプログラムを体験してもらいました。

高ストレスが続くことで唾液の分泌量が減り、虫歯、歯周病リスクも高まるようです。
びっくり。なんとなく在宅になって歯が気になっていて検診に行こうと思っていたところでした。

確かに在宅ワークや姿勢の変化で歯への影響もあるんですね...
私も在宅のせいか、40年ぶりぐらいに虫歯になりました。。。
怖っ。。歯の検診、行こう。。