新着Pick
324Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
民間だったら経営者の意志に反して従わない生え抜き幹部がいたら当然異動、場合によっては解任です。官僚の場合も時々の政権の意向に添えないのだったら、さっさと辞めるべきだし、仕えることが使命でしょう。ここで下手にメディアがかばう姿勢を見せたら、政治に従わないかつリスクを負わない官僚をのさばらせるだけになる。気を付けた方がいいと思います。
イギリスの経済誌The Economistを見ると、人事局の存在で政治進行がスムーズに行いやすくなったのも良しとする見方があるようですし、いい面も沢山あると思います。
一方で政策意思決定のスムーズ化は良い面もあるとおもいますが、ガバナンスあってだと思うので、その辺りもどう深化させていくかも注目したいです。
これを「官邸に対する官僚の忖度を生む」などというのは100%間違い。

官僚は行政府の長である内閣総理大臣の指示に従って動くべきものであり、それを忖度などと呼んではいけない。

大事なことは、正しい情報と事実に基づく政策形成とその結果の検証であり、官僚はその前提を踏まえて、自らの経験と知識に基づいて、施策の提案をするべきもの。そこから、何を選ぶかは総理と内閣であるということを忘れてはいけない。そこに「聖域」はないということを理解する必要がある。

菅さんは、その点を揺るがすつもりがないことを宣言したのだと思います。
政策に反対なら「異動してもらう」菅さんらしい物言いで、ある意味ハッキリしてます。

一方、政治家の言葉はある時強い意味も持ちます。前回の総選挙直前、希望の党を立ち上げた小池都知事が当時の民進党からの合流メンバーについて「排除します」と述べて失速したことを思い出します。

タテ割は打破して欲しいですが、官僚忖度が広がるのは本末転倒です。反対の訳を丁寧に聞く耳も持って欲しいと思います。
そもそも国の行政権は、(例外はありますが)内閣総理大臣を頂点とした、タテの組織です。

各省庁に勤務する公務員と総理大臣は、「部下と上司」という関係にあります。

トップの判断に従うのは部下の役割。
しごく当然のことです。
安東さんに100%同意。昔は省庁は一番優秀な学生が就職する場所だった。今はそうでないばかりか、優秀な若手官僚ほどこぞって転職していく。このままじゃ20年後は本当にやばいと思う。

安月給、超長時間労働に加え、政治家からもメディアからも何でもかんでも悪者にされる仕事。ぶっちゃけ、誰もやりたがらないでしょう。

いかに優秀な人材を役所に呼び込むか。これこそ、省庁改革でもっとも大事なことなんじゃないかと思います。
政治主導もいいが、真に国益を考える有能な官僚が活力を発揮できるようにして頂きたい。
政治主導なんだから当たり前なのではないでしょうか。
政権の方針が気に入らないからといって官僚がこれに従わなかったらそちらのほうが問題だと思います。
内閣人事局構想は、官僚主導から政治主導に変えようと、民主党政権が導入する筈だった。内閣人事局制で官僚の忖度が凄まじく、このままでは優秀な人材が官僚にならなくなる恐れが強い。菅氏が首相になればこの辺は再考すべきだと思う。
安倍政権の負の遺産だか、こんなこと公言するか。
とても民主的とは思えない。 

今回の発言を擁護する方々多いことに驚きます。
まずはこちらに対するきちんとした反論があればお聞きしたいものです。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/278797
株式会社フジテレビジョン(フジテレビジョン、Fuji Television Network, Inc.)は、関東広域圏を放送対象地域としたテレビジョン放送事業を行う特定地上基幹放送事業者である。 ウィキペディア