新着Pick
209Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
貴さんはもちろんすごいですが、個人的にはそれ以上にディレクターのマッコイさんがすごいと思う。
貴さんのキャラクターは同じだけど、お笑いの要素に加えて貴さんの得意分野であるスポーツネタを全面に出して勝負したところが凄い。
フジテレビの深夜番組「石橋、薪を焚べる」癒しになりました。お笑い、スポーツ界と人脈の広さからくるディープな話が、むしろ別の媒体での「今」にフィットしているのではないでしょうか。
文字になっているところも良いですが、動画の方がなおよかったです。
30年間バラエティ番組収録のために木・金フジテレビに通い続けたこと、自分がやりたいことだけではダメだと試行錯誤してきた話、実は瞬間的に考えているのではなくよく準備をして望んでいたという話、そしてその番組が終わって燃え尽きた話。
そして、そこからもう一度自分の大切にしたいものを軸にYouTubeを始めた話。
人の職業人生のひとつの死と復活を見た気がします。
あと、石橋さんがなんだか変な付き物が落ちて、とてもいい顔をされているのが印象的でした。自分も旧・東京第4学区出身なので、なんだか親近感を持ってきましたが、しみじみと良い記事であったと思います。
「石橋貴明を面白くするのが僕ですから」

泣かせるねぇ

貴さんのYouTubeは本当おもしろい。

追記
とんねるず嫌いな人多いですね。
私も「みなさん」の笑いは、身内ネタ(つまり中学生ノリ)、いじめ要素が強く(これはダウンタウンも同じ)、面白くはありませんでしたが、一定の視聴者を得て一時代を築いて来たことは、好き嫌いに関係なく、彼等が時代の象徴だったという事だと思います。そして、その時代が終わったからこそ、戦力外となった。

でも、素人から中学生ノリを続けて、一応の成功を掴んだサクセスストーリーは、悪くないなと思いますし、今の貴さんのYouTubeは、一時代を築いた人間が今しかできないことをやっていて、さすがだなと思います。

大御所には大御所の役割がありますからね。
彼ぐらいの知名度、収入、年齢になると、もうお金のために仕事をするなどの感覚はもっていないように思います。変な話、引退して別の仕事をするなどもできるはずですし、働かなくてもいきていけるはず。

どこまでも貫く向上心と学習意欲。年齢問わず、こうやって何度も何度も挑戦していく姿、尊敬です。

自分達の冠番組をもつために何度もフジテレビのディレクターにもっていったことがここまで上り詰めるようになったのだなと記事を見てもそれを再確認することができます。
さすがにビッグ3と、ダウンタウンとかそれに次ぐ関西の重鎮はやらないだろうから、お笑い界でもっともビッグなユーチューバー。古き良きバラエティのノリを残しながら、タカさんのジャンル超えたスポーツへの愛が溢れてて面白い。特に清原の回が良かった
後世まで語り継ぎたい彼らの功績として「ねるとん紅鯨団」は恋愛事情における画期的な文化を作ったというのがあります。男から告白して女性がそれを選択するというスタイルはあの番組から生まれています。それ以前は「フィーリングカップル」にしろ「バンチDEデート」にしろ男女同時だった。そもそも恋愛で付き合う前に告白なんかそれ以前はなかった(「結婚を前提として…」というのはもはやプロポーズに近い)あれによって、恋愛弱者で受け身な男たちはどんどん恋愛から遠ざかっていくことになるのです。
「貴ちゃんねるず」いま一番好きなYouTubeチャンネルです。清原さんのインタビューも良かったですが、グルメ番組「東京アラートラン」や、貴さんのメガネ新調の回も面白かった。

Yahooでも貴さん自身「コンプライアンス?いつから??」と突っ込んでますが、貴さんのイジリ芸は日本人の本質をついています。

変わりつつあるとはいえ、「貴さん的なもの」を理解していないと、外資系くらいしか日本の中で働く場所はないでしょう。うちの娘も6年間海外やらインターやらに行っていてイジリ耐性がないので、貴チャンネルズを見せて学ばせているところです。
難しいですね、同じシリーズの山田孝之さんの回と、内容を比較すると…酷ではありますが、提供できる価値の違いが歴然としています。

芸能界でも、我々のビジネス界でも全く同じことは「市場に提供できる価値」が一番大事だということですよね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
とんねるずは圧倒的に木梨憲武さんが好きで、どちらかというと貴さんは苦手です。ただ、このYouTubeはすごく貴さんが活かされてるいい番組になってると思います。マッコイさんが貴さんを知り尽くしていて、テレビマンが作ったYouTubeという感じはありますし、特に何か新しいことをやっているわけではなく、これまでテレビでやってきたことをYouTubeでやっているだけと言えばそれまでで、過去の財産で成り立ってると言えばそうなのですが、徐々にテレビでやりにくくなったことを自由に出来ているという点で面白い。これからもコンプライアンスとか気にせずに、面白いバラエティをYouTubeでやり続けてほしい。