新着Pick
671Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ユニクロは価格の割に品質が高いと言われますが、素人ではなかなか細かい部分まで把握できません。そこでユニクロで年間数百万円も買い物をしているというファッションバイヤーのMBさんに「本当にコスパが高いのか」を解説してもらいました。

もちろんユニクロには様々な商品があり、お得なものもあればイマイチなものもありますが、今回はその中からメジャーな商品3つに絞って紹介しています。消費者としてユニクロが「買い」かどうかわかるだけでなく、商品開発の裏側、思想にも触れることができます。

ちなみに私は先日、ここで紹介されているセットアップスーツにネクタイを締めて国会議員の取材に行きましたが、全く違和感はありませんでした。人の服装など細かく見ていないというのもありますが、ジャケットが薄手になる夏であれば、ユニクロだとほとんど気づかれないレベルだと思います。
製品サイドからユニクロを解きほぐす優れたレポートでした。
ユニクロは良い意味での日本的な企業だという視点は非常に興味深かったです。
具体的には、
1.ユニクロは形ではなく素材で製品の価値を追求している企業である。
2.数多くのアパレルメーカーが段々と落ちていってしまうことに対して、常に改良をし続けることによって地位を保ち、高めている

この2番目は、(先日追放されてしましましたが)セブン&アイの鈴木敏文さんが、「コンビニの食べ物は常に美味しくしていかないと、消費者は不味くなったと感じるのです」と仰っていたのを思い出します。
つまり、常により良いものを追求していくそのプロセスにこそユニクロの本当の強さの根源があるということであろうと思います。実際、デニムの開発などについて、かつてガイアの夜明けで取り上げられたときも、かなり積極的に投資をして、新しい製造方法を開発するなど、新製品開発への資源配分は相当なものがあると想像します。MBさんの動画での冒頭パーカーのエピソードもそうです。
このようなことが出来るのは、単に資本が大きいからではなく、このようなことを繰り返してきたから資本が大きくなったのだとも思います。逆の因果もあり、そこにプロセス設計の凄みが垣間見える気もします。

一方で、過去の様々な色展開をしていたころと今で方向性が変わったのは、いつ頃どのような転機だったのか、など、大きな転機があった時に何が起きていたのかなどを掘り下げていただくと、より明確にユニクロの凄さが分かるようにも思いました。
一回着て洗ったら、他のブランドと違う品質の良さを実感する、それがユニクロだと思います。
最初から最後までめちゃ勉強になるおもしろい動画でした!
NP編集部のみなさん、MBさん、どうもありがとうございます!!

動画の中でも紹介されていたパーカー。そうなんですよね。私も頭がでかいコンプレックスを抱えているだけにパーカーのシルエットには並々ならぬこだわりを持っています。

デザインが好きなアルマーニを着たりもしましたが、パーカーは私もユニクロに行き着いたんですよね。いろいろ探してもフードが立った形のパーカーって意外に少ないんですよ。ということで、パーカーはユニクロばかり着ています。

MBさんもコメントされていたとおり、ユニクロを敬遠するのって、今ではかえってダサいというか。私も「今日の格好ステキですね」と言われて、「ホントですか?今日はぜんぶユニクロなんですよ」というときの方が嬉しかったりします。

結局、ハイブランドを着ようが、ユニクロを着ようが、バチッと見えるのは服が重要なんじゃなくて、着ている人の身体が絞まっているかやその人の表情が明るいか、口角が上がってご機嫌に見えるかどうか、のほうが大切なんじゃないかとさえ思います。

あと、スーツは着丈、袖丈、裾丈で見え方が決まるというお話がありましたが、私が思うにもう一つ大切なのは肩幅ですね。

大手町、丸の内を歩いていると、ことスーツの肩幅が広すぎる人が多いですね。あと永田町もそうかな。あれだけでダメリーマンに見えます。肩幅さえフィットしていれば、ユニクロのスーツでもかなりカッコよくなります。
ユニクロのおしゃれな文脈など、定性的な価値をロジカルに解説するMBさん。

ライター視点でよく研究されています。服に詳しくない人も腹落ちする内容でした。

開発情報などここまで開示できるとなると、おそらくMBさんとファーストリテイリングは、基本契約やNDAなど契約書を締結したビジネスパートナーではないと推測できました。

一方で佐藤可士和さんら、ユニクロの根幹ともいえるクリエイティブに参画する人は、ユニクロと契約関係にあるため、メディアで開発内容など雄弁に語ることもしません。ただ、彼らが発信する情報は、圧倒的に精度が高く、ユニクロの本質がわかる解像度の高い内容が多い。

さて、その佐藤可士和さんいわく、「時代を作るクリエイターは『経営者』だと定義し、柳井さんをクリエイター」だと語っていました。

クリエイターである可士和さんが評価する、クリエイター柳井正のクリエイティブ力。

今後、機会があればそのあたりをぜひ深掘りしてほしいと願います。

Newspicksとセールスフォースのキャラの動物被りは余談。
服ひとつひとつにも背景ストーリーやロジックがあるんだなあと、面白く拝見しました。タグとか細かい素材・デザインの違いとか、もっと見ようという気になりますね。

ところでゼブラくんとおかぴさんのインタビュースタイル、すごく分かりやすかったです。ゼブラくんが着ているのは噂のパーカーなのでは…!
この解説動画はすごいですね…寝ぼけながら見てましたが完全に目が覚めました。めちゃくちゃ勉強になりました。個人的に感じたことをいくつか。

・最大公約数のお話。だからこそ、ユニクロ、MUJI、ZARAをはしごすると楽しいんですよね。白いTシャツとかベーシックな商品でも明らかに違うんで。消費者的にはその違いを楽しんでいます。
・和服の素材と染めのお話。歴史的考察から産業における日本の強みをあぶり出すアプローチ、大好きなのでぐさっときました。こういう話は和服に限らずあらゆる産業のなかに眠っていることだと思っています。
・おかぴっくす…すみません…なんでもありません…まだ寝ぼけているようです。
ゼブラさんもオカピさんもかわいい....

MBさんの解説わかりやすい。ユニクロさん、ベーシックなんだけど毎年、素材が進化してたり、カラバリだったり、デザインでちょいと昨年と変えておられるので、去年も買ったものを買いがち。
ベーシックなんだけど、買わない、じゃなくて買わせられるのです。なんといってもやすいですし.....
お洒落に見えるかどうかは、服装じゃなくて、メイクとヘアスタイル(+できればバッグ、靴。あとやっぱ体型も)だと個人的に思ってたのでそれに当てはまるなぁと思いました。
MBさんの理論的なユニクロの"質"の高さの解説
本人もおっしゃる通り公平な目線での意見なので信頼できます。
私は奇抜な服が好きなので、ユニクロはポイントでしか使わないのですが、シンプルなスタイルを求めている方はユニクロで完結するのかもですね。
シンプルなTシャツを作るブランドが少なくなってきたというのは納得のお話でした。
言葉選びが秀逸で素人にも本当に分かりやすい解説。特にパーカーのフードへのこだわりと和服文化がルーツになっているのではという考察は感銘を受けました。日本人のDNAに組み込まれている「素材」に対するこだわりが突き詰められているユニクロ、店舗に行った時に見る目線が少し変わりそうです。
この連載について
ユニクロがいよいよ、世界一の座を掴もうとしている。トップ企業であるZARAとの時価総額の差は2兆円に詰まり、逆転は現実的なシナリオだ。山口県の紳士服店から始まったユニクロは、いかにしてグローバルブランドになったのか。NewsPicksがレポートする。
株式会社ファーストリテイリング(英語: Fast Retailing Co., Ltd.)は、株式会社ユニクロなどの衣料品会社を傘下にもつ持株会社である。東京証券取引所第一部上場。世界のカジュアルの企業の中での売り上げは第3位である。 ウィキペディア
時価総額
7.72 兆円

業績