新着Pick
1047Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
フレームワークは抜け・ダブりがなくなるので(MECE)とても有効ですが、フレームワークが答えを出してくれるわけではありません。指摘されているように、「何かおかしい」と思ったら、やはり何かおかしいので、専門家が言っているんだから、と自分を納得させると失敗します。

『Art of Choosing (日本名は何と「選択の科学」)』でシーナ・アイエンガー教授は「理由をつけようとすると失敗する」ことを指摘しています。アカウンタビリティーは大切ですが、私たちは往々にして「本当にいいと思う選択肢」ではなく「説明しやすい選択肢」を無意識のうちに選んでしまうことがあるのです。
合理的な意思決定の6つのステップ
①問題を定義する
②判断基準を定める
③判断基準を検討する
④代替案をつくる
⑤基準に照らして代替案の点数をつける
⑥最適の決定を算出する

システム開発で、アーキテクチャー上の重要な意思決定をするとき、ほぼこのフォーマットで文書化するのが、IBMでのお作法でした。文書化することで客観視できるし、なぜそのアーキテクチャーを選択したか後から振り返ることも可能。

事業開発でも、顧客ターゲットの選択や価格設定などの重要な意思決定をするとき、このステップを踏んでおくと、チーム内の合意形成を進めやすいですね。

ただ、全ての意思決定でこのステップを踏んでると、スピードが落ちてしまい、大企業病になってしまう。
ステップ0として、「意思決定の重要性を判定し、合理的な意思決定のステップを踏むべきものを選別する」が必要ですね。