新着Pick

ディズニー実写「ムーラン」公開がざわつくワケ

東洋経済オンライン
ディズニー映画の最新作『ムーラン』が9月4日からディズニー公式動画配信サービスDisney+(ディズニープラス)で独占配信されました。すると、待ち兼ねたファンの間でアニメ版との比較からその公開方法に至るまで…
58Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
いやー、この映画は本当にいろんな角度で物議を醸す作品ですね。
主演女優のリウ・イーフェイが香港の民主化デモに関する発言で物議を醸していたと思ったら、作品自体もアニメ版のファンとの間で評価が分かれている模様。

ただ、やはり最も注目すべきは、劇場公開よりもDisney+での独占公開を優先したという点ですよね。
Disney+の契約料金に加えて追加料金が3000円必要と、決して安くはありませんが、最新作をいち早く見たい人からすると、この選択肢は嬉しかったはずで、この影響もあってディズニーの株価が上がったというニュースもありました。

実際、私も外出自粛期間に、見たかった映画をことごとく見に行けなくなり、お金払うから見させて欲しいという気持ちになったのは事実。
ただ、やはり業界にとって最も大きな問題となるのは、映画会社自らが直接映画をオンライン配信してしまうと、映画館のビジネスモデルを破壊する側にまわってしまう点でしょう。

現実問題としては既にNetflixは自前の「映画」を自社の配信サービス独占でガンガン配信しはじめていますし、「映画」というビジネスの重心が動画配信サービスにシフトしはじめているのは否定できない事実だと思いますが。

既存の映画会社が、これまで共存共栄だった映画館を敵に回すビジネスをするのかどうかというのは、これまでメーカーがECに踏み切る際に小売店から総スカンを食らっていた以上の反発が予想されるわけで、なかなか悩ましい判断のはず。

視聴者としては自分の好きなときに好きな方法で見たいという思いもありつつ、映画館の映画で育った昭和の世代としては、映画館が減ってしまうのも寂しいという複雑な思いです。
実際には、映画館は映画館ならではの価値を本気で追求していかないといけないのは間違いないですが・・・
見るつもりなし。この女優は中国生まれなのに米国籍を取得。それでも「香港警察を支持する」などと商売のためか洗脳されてるのか中国におもねる。なら中国籍放棄してアメリカ人になるんじゃねーよ。アメリカ国籍剥奪してやれ
ハリウッドが中共に支配されているのと同じ論点です