新着Pick
459Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
記事の内容はタイトルとだいぶ違いますが、面白い内容でした。

1.Googleが巨大化し、サンフランシスコの家賃や生活費が高騰
2.Googleはその対策として、会社の周りに住居を提供することで地域社会への悪影響を回避する
3.AmazonやFacebookもニューヨークに大きなオフィスを構えるなど、リモートワーク中心の流れとは違う流れを展開している
4.Googleの2のような取り組みは、その結果として多様性のない組織がさらに狭い生活空間をGoogle社員だけで共有することになり、別な社会的な悪影響が考えられる

という内容でした。

2については、トヨタのwoven cityとも対抗するような新たなテクノロジー、サービスへの発展が伺えます。
それと、4番目のような論点はそういえば、あまり日本のメディアの記事では見られない指摘で、非常に興味深いものがあります。
よく海外駐在員の日本人コミュニティなどの弊害でも耳にするような現象ですが、逆にこのような問題を引き起こさないような仕掛けはあるのでしょうか。
記事を読む限り、見出しとは違う印象。リモートでの限界から城下町を創るのではなく、あまりに大きくなりすぎて家賃高騰などの軋轢が地元と増えて、そこに対しての取り組みという点のほうが主だと思う。そしてこれはコロナ前からずっとの課題。
ロックダウンからしばらく経ったこの頃こういう論調が増えてきた。こちらもしかり https://newspicks.com/news/5213044 
渦中からずっと言ってきましたがいずれに傾き過ぎても見間違うと思います。 https://newspicks.com/news/4931335
城下町構想、一瞬90年代に通った中国の、国営企業の城下町を思い出しました。工場の周りに遊戯施設、学校、病院、住宅など全て揃っている(豪華ではないですが)というのが当時の国営の工場では良くありました。ダイバーシティをどうやって担保するかというのが、このような城下町をつくる上でのポイントかもしれません。社員の採用でダイバーシティを意識してるといえども、やはりGoogleに入社する人ですからある程度の偏りが社会全体から考えるとあるはずです。社員の人たちが一日中googleの人たちだけとしか付き合わなくならない仕掛けを入れ込む必要があるでしょうね。(それでなくてもただでさえシリコンバレーは光と闇の分断があると思うので。。。)
アメリカの不動産事情も多分にあると思いますが、
リモートの揺り戻しみたいなものは起こるんでしょうね。

最近私の周囲を見渡すと会社への帰属意識が
かなり薄くなっている人を多く見掛けます。
オンラインとオフラインの適度なハイブリッドが必要ですね。
なんかカッコ良さそうに見えますけど、遥かに日本の方が進んでますってこれは。
アルファベットが、カリフォルニア州サンフランシスコ近郊のマウンテンビューに巨大な企業城下町を建設する構想案「ミドルフィールド・パーク基本計画(Middlefield Park Master Plan)」を発表しています。街ごと丸ごとアルファベット。日本の企業城下町みたい
「企業文化の喪失や連帯感の低下が生じる可能性」は現実。
中西部にいらしゃい
Twitter(ツイッター)は、アメリカ合衆国、カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くTwitter, Inc.のソーシャル・ネットワーキング・サービス(情報サービス)。「ツイート」と呼ばれる半角280文字(日本語、中国語、韓国語は全角140文字)以内のメッセージや画像、動画、URLを投稿できる。 ウィキペディア
時価総額
4.18 兆円

業績

Alphabet Inc.(アルファベット)は、2015年にGoogle Inc.及びグループ企業の持株会社として設立された、アメリカの多国籍コングロマリットである。 ウィキペディア
時価総額
116 兆円

業績

Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またFAANGのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
173 兆円

業績

Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
85.1 兆円

業績