新着Pick
108Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ロシア、中国、イランが入り乱れてトランプ陣営、バイデン陣営のアドバイザーにまで攻撃を仕掛けているとのことだが、なんか誰が誰を攻撃しているかわからないので、結局中和されて何もなかったことになるか、論争がどんどん醜くなっていくだけのような気がする。
ベア系の攻撃グループにはブラウザ系ゼロデイの開発能力があります。
特に元AnglerEKの開発チーム等も構成員として配備されていることを考えるとかなり強力な攻撃が予測されるでしょう。
アンチウイルスはヒューリスティックなもの、ネットワーク監視はsiemで横串は当たり前として、万全に備えないと攻撃実効性の高いチームだけに油断大敵です。
また、このような時、「いかに攻撃されたことを検知するか」が最も重要な観点になり、この考え方は攻撃されることを想定したものになります。
我が国に攻撃が少ないという人もいますが、単に検知されていない攻撃が如何程かはNISC等が公表している攻撃観測レポートからも明らかでしょう。
今流行りのゼロトラストは、こう言った外部攻撃者によるリソースへの不正なアクセスを防止するために、PEP/PDPの位置をよりリソース側によせて、暗黙の信頼領域を排除するという考え方です。
コロナ禍でも「インターネット投票はありえない」理由がこの手の攻撃の深刻性。
中国やロシアは、サイバー攻撃やディスインフォメーション・キャンペーンによって米国大統領選挙に介入し、米国内が対中あるいは対ロ強硬姿勢で一致しないように米国世論を誘導しようとしていると考えられます。
中国もロシアも、国際社会の米国一強状態を変えたいと考えています。国際社会における米国の影響力を低下させるためにも、米国内が混乱した方が良いでしょう。
ロシア、中国、イランが米大統領選の陣営や幹部にハッキングをかけている。まさに、外国の介入や攻撃は、国政選挙のでフォールトになりつつある。
ロシアと中国、イランの集団が11月の米大統領選挙を混乱させようとサイバー攻撃を強化。ややこしいのは、ロシアはトランプに勝って欲しい、イランは負けて欲しいこれは明確。中国はどっちだろうな〜? 悩んでるだろうなw
前回の大統領選では、ロシアの関与が疑惑として浮かび上がりました。

これだけ技術が進歩すれば、サイバー攻撃は「受けるのが当たり前」という前提で物事を進めるべきだと友人の専門家が言っていました。

もしかしたら、両陣営がロシア、中国、イランに秘密裏に資金を出してサイバー攻撃の依頼をしているのかもしれませんね(笑)
大統領選挙はサミットに匹敵する世界的に見ても「セキュリティ対策サービス」の大需要期。
4年に一度のハッカーたちの民主主義クラッキングオリンピック状態
マイクロソフトのカスタマーセキュリティー・トラストを担当するコーポレート・バイスプレジデントのトム・バート氏が投稿したブログで明らかにしています。
マイクロソフト(英語: Microsoft Corporation)は、アメリカ合衆国ワシントン州に本社を置く、ソフトウェアを開発、販売する会社である。 ウィキペディア
時価総額
171 兆円

業績