[台北 10日 ロイター] - 台湾国防部(国防省)は、中国の戦闘機が10日午前に台湾南西の防空識別圏に入ったと明らかにした。2日連続の侵入だとし、中国に対し「地域の平和を損なう」行為をやめるよう求めた。中台間の緊張が一層高まる可能性がある。

国防部によると、台湾の防空識別圏に入ったのは中国の戦闘機や輸送機など。台湾側は「敵の動き」を迅速に追跡し、中国機に対し緊急発進(スクランブル)したという。

国防部は「地域の平和と安定を損なう行為を繰り返さないよう中国共産党に改めて要請した」としている。

中国国防省は現時点でコメントの求めに応じていない。

台湾は南東沖と東沖で実弾演習を実施している。

蔡英文総統はこれまでに、南シナ海や台湾周辺での偶発的な衝突リスクの高まりに警戒感を示している。