新着Pick
52Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
高品質な記事をそろえるNumberだからこそ出来る展開でしょう。

紙媒体や雑誌の苦戦が伝えられる中で斬新な試みだと思います。スポーツ雑誌に興味がない層がネットでニュースになってるのをみて購入に動く、新しい流れです。

スポーツ紙も藤井さんのタイトル獲得ニュースはいつも一面です。eスポーツとともに、将棋や囲碁も広く“スポーツ”として扱われることはファン層拡大にもつながると思います。
倍増刷はすごいですが、これを次のビジネスにどうつなげるのかが気になります。再び時期を置かずに将棋特集をやってもダメでしょうし、オンラインに送客するとかでしょうか。
雑誌を起点にチャンスをどう生かすのか。
23万部以上発行するのはサッカーW杯ドイツ大会直後「オシムの全貌」以来ってすごいですね!
手元に置いておきたい時代を捉えた特集とビジュアル、分かります。これが毎度とは中々行きませんし、Numberで将棋というのも異例かと思いますが、消費者が求めるもののヒントに。
変化に対応するものだけが生き残る。
遥か昔、フルスイングで空振りする長嶋茂雄が表紙の同誌も雑誌としては異例の三刷した記憶があります。

この特集の広告収入契約は、どうなっているのだろうか?
増刷した分に追加の広告収入があるとは思えないが、当初の販売価格でコストはどの程度回収出来るのか?
文藝春秋営業部の迅速な決断を高く評価します。

「雑誌メディアは死なず」
他の雑誌もタブー無きメディアとして、凡ゆることに挑戦して欲しいものです。
「読まれたら刷り返す、倍増刷です」という言葉も微笑ましく感じてしまうのは、藤井聡太という天才の影響でしょう。
サッカーと匹敵する部数というのはそれにしても驚き。
囲碁もお願いします。
紙の雑誌がまだこんなに売れるとは。元気が出ます。記事を読む限りでは、昨年のラグビーW杯の特集よりも売れたということになります。ヒットの湧泉はどこにあるかわからないということがよくわかります。コンテンツとターゲットの組み合わせが当たれば、雑誌はまだ生き延びられるということでしょう。編集部も不慣れな分野によく切り込んだものです。編集長は、してやったり。おめでとうございます。
藤井聡太ファンの熱量の高さゆえか、伝統的な将棋ファン層と紙媒体の親和性の高さゆえか、あるいはその両方か。紙媒体がこうやって注目を集めることは新聞社にいる者としてとても嬉しく勇気づけられることですが、なぜここまでの大ヒットになったのか、も知りたいところです。
今日、いくつかのコンビニを見たけど、売ってなかった。。。ネットで買うと送料込みで倍以上の値段になるし。。。
もういいかな、でやめないで、頑張って造作つしてください!
Number大好き、そして棋士の考え方やAIとの付き合い方などから極めて学ぶことが多いと考えている自分にとっては、今回は「そう来たか!」という特集だった。
機械を使いこなして新しい発見をして、それを楽しみながら人間が進化していくこと、ここ10年ほどの将棋・囲碁でのAI関連トピックは、極めて学ぶところが多いと思う。機械がプロ棋士を超えるような状態になったからこそ、人間の強みへの理解も深まる。
以前、確かAlpha Goがイ・セドル氏に勝った時だったと思うが、誰かが「これは人間の勝利、なぜならばあんなに大量にエネルギー消費をしている機械に、僅かなエネルギーしか使わない人間の脳がこれだけ伍しているのだから」といったことを言われていて、強く印象に残っている。本当にその通りだと思う。
将棋特集のNumberが3度目の増刷で、合計23万部とのこと。
株式会社文藝春秋(ぶんげいしゅんじゅう、英語: Bungeishunju Ltd.)は、日本の出版社。東京都千代田区紀尾井町に本社を置く。 ウィキペディア