新着Pick
180Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
代替食ブームが加速していますが、環境保護(水・温室効果ガス排出や森林伐採等の回避)、健康増進、動物愛護、多様な食の思想の受容など、さまざまな生活者意識向上の背景があります。

アメリカは多民族国家で、比較的動物を食べない人々のための食品が受け入れられやすい背景があるほか、近年の相当な環境問題への意識の高まりが代替食品人気のベースとなっていると考えられます。これに加えてコロナが生活者の健康意識を後押ししたのでしょう。関連して世界中で有機野菜などの健康を意識した食品需要が増えているといいます。

JUSTのコンセプトは「健康に食べられるものが簡単に入手できるフードシステムを作ること」。2018年末時点で通常の卵の6倍程度の小売価格とのことですが、これらのコストの低減を狙っているということで、将来性に期待したいです。
https://ideasforgood.jp/2018/12/08/just-egg-vegan/
別に代替タンパク質使わなくても健康で持続可能な社会は作れると思うけどね。そういうこと言わず単なる嗜好品って事でいいんじゃないの。
まるで、動物性タンパク質を食べてる人たちが不健康で持続可能な社会を望んでいないというような考えにつながるプロパガンダはやめて欲しいね
なぜ植物由来の食品が大規模に米国で流行るのかがいまだにわからない。肥満が大きな社会課題の国でとにかく肉が否定されているのか、ビーガン/オーガニックの流れによって社会がそちらに向いているのか。ミレニアム世代以降は自らが食べる食品に意識的に向き合うようになったとはいえ、日本に暮らしていたらこの規模の成長は考えられない。
JUST Eggの開発者として補足させて頂きます🥚🌱

先日、発売から1年半が経過し、累計で鶏卵5千万個相当を販売致しました。発表の通り、さらに拡売するため、さらなる増産に努めております。
コロナ禍や異常気象の影響もあり、環境や健康面でも弊社製品を評価して下さる方が増えており、需要の高まりを肌で感じています。
今後、より一層、安価で健康、持続可能なタンパク質を供給できるよう邁進する所存です。

※先日発行したインパクトレポートもご覧頂ければ幸いです。
https://www.ju.st/en-us/stories/sustainability

——————
さて、こうした代替タンパク質、特に人気のプラントベースト食品は、ヴィーガンやベジタリアンをメインターゲットとしておらず、肉や卵など、普段動物性タンパク質を摂取される方を狙いとしています。

※代替肉の発売計画を発表した、某メーカーの社長ですら「日本はヴィーガンが欧米と比べて少ない等、浸透に課題もある」と仰る程で、この点、よく日本で誤解されています。

米国では、プラントベースト製品の購入者の9割がヴィーガンやベジタリアン以外であり、実際、よく知られるImpossible FoodsやBeyond Meatは、購入者の約95%が菜食以外です。


また、日本の代替タンパク質シーンは、現在”iPhone前夜”の状況と言われています。絵文字も着メロもHDカメラもおサイフケータイもないiPhoneは大したことがない、と評価していた時代です。

しかし、iPhoneによって携帯電話が単なる通信媒体から生活インフラの一部と化し、強烈なパラダイムシフトが起こりました。結果、海外製スマホが市場を席巻し、日本の携帯産業が衰退したのは記憶に新しいかと存じます。

日本の代替タンパク質は、市場としての評価の低さや規制のおかげで、実質鎖国状態です。こうした事実を直視せず、ヴィーガン・ベジタリアン・外国人のもの、日本製が一番と思い込むと、海外からiPhoneのような黒船が来襲し、その後のパラダイムシフトに乗り遅れる可能性があり、深く注意する必要があります。

従って、こうした固定観念を捨て、全てのステークホルダーが自分事化することが、人や地球が健康で持続可能な社会を実現する上で重要ではないでしょうか。

以上、参考になれば幸甚です。
米国に住んでいると普通に売っている卵は殺菌されていないので、生で食べられません(=TKGができない!)。高い値段を払えば低温殺菌されたものが手に入りますが、食中毒が怖いです。

環境への配慮や健康への関心はもちろんですが、特にコロナで感染症への危惧が高まる今となっては、衛生面の卵のイメージも米国での需要に拍車をかけてるのではないか?と考えてしまいます。
この手の商品が語られる際に、動物由来の食品が、不健康で環境無視のように置かれはじめているのは良くない傾向。

植物性タンパク質のために熱帯雨林を切り拓いて畑にしていては意味が無いし、動物性でも持続性に配慮して生産されているものもある。

結局は必要以上に安価で大量に生産しようということが問題の根源にあるので、本当の持続可能性を考えるなら、目先ではなく、消費者自身の消費や購買思考を変えなくてはならないのではないだろうか。
【トリビア】
・一人当たり年間鶏卵消費量 (2013)
1位 メキシコ (347個)
2位 マレーシア (331個)
3位 日本 (329個)
4位 中国 (300個)

・そもそも飲食や加工などでは卵を割る作業の効率化の為に液体卵のニーズが高まっている。
・ヴィーガン、ベジタリアンの方など卵を食べないかたや、卵アレルギーの方の新たな選択肢としては良いと思います。」
緑豆由来の溶き卵ということのようです。
スクランブルエッグでは味に違和感はないようですが、卵かけご飯にしたらどんな感じか気になります。