新着Pick
206Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これで解除しなかったら暴動が起こりますよ(笑)

そもそも、飲食店の営業時間とウイルス感染拡大は何の因果関係もありません。

深夜の方がウイルスが活発のなるとでも思っていたのでしょうか?

アホな都知事が経済を疲弊させてしまいました。
そもそも営業時間短縮で失われる付加価値と感染抑制効果を天秤にかけて後者が大きかったとは、素人目には分かりにくいと感じました。短縮打ち切りで感染者数が顕著に増加すれば事後的に効果があった、という強弁になるのでしょうか。
これで、ジムで一番遅いスタジオプログラムに出た後に、外食で、ゆっくりごはんを食べられます。
→よく使うお店で、半分は22時閉店。

今でも12時まで営業しているお店もありますが、10時を過ぎても節度を保っているお客さんばかりです。
要はお店がどうオペレーションするか?だと思います。

最近、ニュースに都知事がしたり顔で出てこないので、心穏やかにしています。
「飲食店における時短営業の負の経済効果」と「時短営業の実施による感染拡大の抑制効果」を単純に比較して議論するのは難しいのはわかるが、それぞれはきちんと試算して「今後もこれで行くのか?あるいは飲食店の営業形態に新たな工夫を導入するのか?」政策決定のプロセスと効果を検証する枠組みを構築する必要がある。コロナ対応というと無理がまかり通る空気があるがEBPMの視点を忘れてはならない。
現在東京都のアルコールを出す飲食店などに出されている営業時間の短縮要請が解除の方向とのこと。

それにしても、メディアは感染拡大は盛んに報じるのに、感染収束は同じ規模では報じてくれませんね。施設側から積極的に発信しないと、旅行に対する不安感はなかなか減らすことができないのかも知れません。
時短解除となった時間帯に脚を運ぶ方は増えるだろうから、利用者側も気が緩んでマスクしなくなったりと言うことのなきよう… これかはインフルエンザも流行る時期ですから、今一度気を引き締めていきましょう
深夜営業をしても新型コロナウイルスの感染はかわらないと思います。
しかし、10時以降、食事やお酒を飲まなくても人生は変わらないと思います。
飲食関係の方のことを思えば早く時短を解除してあげたいですが、家族のことを思えば、早く家に帰ったほうが良いのではないでしょうか。
まだやってたのか笑
4、5月頃と比べてコロナの脅威に対する印象も大きく変わり、それ以上の実態も分かってきました
警戒度の引き下げも当然ですが、その際の引き上げの基準も含めて再度検討すべき時期が来ているのかもしれません
安全より安心が人の心理ではありますが、印象だけの安心よりもファクトに基づいた上での安全が最優先です
やっとか…
コロナの感染予防、対策は今後も大事だが時間で区切るのはナンセンスだと当初から感じていたから。

これでガードを下げるようなことになって感染者が増えると「解除したら増えた!時短が正しかったんだ!」とか言われかねないので(相関はあっても因果関係にはならないと個人的には思うが)今後も感染対策をしっかりして飲食店も営業していただきこちらも利用させていただきたいですね。
株式会社オンワードホールディングスは、東京都中央区に本社を置くアパレル会社の持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
524 億円

業績