新着Pick
197Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今日は、ニュースで軒並み大きく取り上げられています。
日本では金融庁が、銀行口座の登録を本人確認手続き→KYCとして認めていますが、本件は2つの問題点があります。

①銀行によって決済との紐付け手続きのセキュリティレベル感に差があること
→通帳の記帳残高を入力するなどステップが複雑な銀行では被害が出ていない
②ドコモ口座そのものは、現在はメールアドレスの認証だけで出来てしまうこと
→他人になりすましてドコモ口座は作れてしまう

今日の夜中から①に関連して、全銀行との新規の紐付け手続きを停止するとのことですが、②についても、携帯電話番号での認証に変更する予定とのこと。
けれども、①の手続きそのものも見直しが必要な銀行があることに留意が必要です。

銀行口座との紐付けがKYCというのは、海外事例を見てくると、かなり違和感がありました。今後の展開が気になります。

以上別記事へのコメントです
海外にいると日本の情報が疎くなる。ドコモロ座 という演劇集団で資金の不正運用があったのかと、タイトルを斜め読みしていました。
ロと口並べるとくちの方が少し大きい
一番の原因はフィッシング詐欺。口座情報を銀行のサイトから盗まれたことが問題です。まずここをしっかし防御すること。

次にモバイル決済サービスの本人確認。これを徹底すること。

資金の移動は、マネーロンダリングやテロ資金など、悪意の第三者に使われることを前提に、セキュリティを強固にしておくことが肝心です。
これが事実なら、不正なりすましの可能性に気づいていながら、
「使い勝手」を優先して、システムの基本仕様を変えなかったことになる。
事実はどうなのだろうか?
昨年5月にも同じ手口で不正引き出しがされていたにもかかわらず、ドコモは対応をしていなかったということだろうか。もしこれが本当であれば、企業としてセキュリティに対する姿勢を疑われることになりそう。
リバースブルートフォースによって暗証番号固定で全口座へのチャレンジが試行できるのは、なるほどなと言う印象でした。
株式会社りそなホールディングス(英語: Resona Holdings, Inc.)は、りそな銀行、埼玉りそな銀行、関西みらいフィナンシャルグループ等を傘下に置く、金融持株会社。日本国内における金融グループとしては、メガバンクグループに次ぐ規模を有する、りそなグループを形成する。 ウィキペディア
時価総額
1.07 兆円

業績