新着Pick
79Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
終幕を迎えた安倍政権のランディングが対世論でも奏功し、それを継承する菅氏への強い追い風となっています。これが菅氏自身の求心力を瞬間的に高めているかたちですが、その勢いがある状態のまま衆院解散で国民の信任を得に行くという方向にいくのか、安倍首相の残り任期をまずは務め、任期満了近い解散になるのか。個人的には総裁選のプロセスと同時に、その先の展開に関心があります。
こちらの、欧米の機関投資家、欧米の高額所得者層にも影響するThe Economistの記事もセットで読むと面白いかと。ここでは、安倍首相は、派閥政治も党内対立も落ち着かせただけに、後継者は安定的な政治を行えるでしょうとの結論。まさに、それが起きている現象を示しているなと。もちろん、日本の政治経済への影響は長い目線で議論する必要もあるとは思う


https://www.economist.com/leaders/2020/09/03/abe-shinzos-legacy-is-more-impressive-than-his-muted-exit-suggests
キャラクターや政策、コントラストとしては非常にわかりやすく分かれています。

・小泉政権時代から改革志向で、ふるさと納税、NHK改革、インバウンド政策、IR法案、消費税増税には元来否定的な菅さん。今回の総裁選で秋田の農家出身で集団就職の後、段ボール工場、夜間大学、サラリーマンと叩き上げの部分もクローズアップされました。

・華麗なる財務省系の一族でエリート中のエリート。名門派閥宏池会のエースですが自民党の派閥の領袖というより、公務員エリートタイプなので、思い切った改革より、官僚的な無難で安定した政策に落ち着きそう。消費増税に力を入れてき岸田さん

・自民党をよくない辞め方で飛び出し、伊吹派(旧亀井派)に助けてもらったもののあまり渡世の仁義とは無縁の方、TVや新聞を見ないのでわかりませんが国民的人気が非常に高い方だそうです。グレートリセットと言いますが個人的には岸田さんに近い形に落ち着くもののと思われます。
学生時代インタビューを快く受けてもらったことがあるので、個人的には好印象を当時は抱いたのですが
菅総裁の誕生はほぼ間違いないとして、2位争いも気になる。今後、党内で求心力を維持するために、岸田氏も石破氏もラスは引きたくないだろう。そういう意味ではまだまだ注目。
【政治】国会議員票の8割を抑えていれば、「勝ち馬に乗りたい」政治家たちのSNSのタイムラインに「菅氏支持」が溢れるわけだ。1ヶ月ほど前には「ポスト安倍」に名前があがることはあっても、「有力候補」と言えるまでの存在ではなかったはずだが、たったの10日ほどで一気に流れを変えてしまった。

岸田氏や石破氏が「具体的な政策に乏しい」と評価されるのに対して、菅氏が「数々の具体的な政策を持っている」と評価されるのは、直近のポストが何であったかに大きく依存しているはずだが、その点に触れる人は少ないと思う。

菅氏は第二次安倍政権において一貫して内閣官房長官の地位にあったわけで、この地位にいればいやでも霞ヶ関からの情報が集まる。つまり霞ヶ関で考えられている政策のほとんどは菅氏の耳に入る。これに対して岸田氏は党政調会長であり、霞ヶ関からの情報は入るものの、官房長官ほどの情報が入ってくるわけではない。石破氏に至っては、ここ数年は閣僚からも外れ、党の要職にあったわけではないから、菅氏や岸田氏ほど霞ヶ関からの情報はあまり入ってこなかっただろう。

官房長官になる前の菅氏は、第一次安倍政権で総務大臣の職にあったことを除くと、その政歴のほとんどは国会対策や選挙対策といった「調整型」のポジションであり、必ずしも「政策型」の政治家であったとは言い難い。元々、官房長官に就任したのも「調整型」の政治家であったことが大きく影響しているはずだが、長期間にわたって官房長官を務めたことで、霞ヶ関への影響力が増し、政策にも強くなったのではないかと思う。
株式会社朝日新聞社(あさひしんぶんしゃ、英語: The Asahi Shimbun Company)は、全国紙『朝日新聞』を発行する日本の新聞社である。ニュースサイトの「朝日新聞デジタル」の運営も行う。産業経済新聞社(産経新聞社)などとともに大阪を発祥とする新聞社であり、現在でも登記上の本店は大阪に置いている。 ウィキペディア

業績