新着Pick

女性教員、特別支援学級の児童を「邪魔だと思う人は手を挙げて」 : 社会 : ニュース

読売新聞
沖縄本島中部の小学校の女性教員が6月、授業中に特別支援学級の児童が騒いだ際、「うるさいと思う人、邪魔だと思う人は手を挙げてください」と発言していたことがわかった。教育委員会は「不適切な言動」として教員を口頭で注意指導し
41Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
子どもをコントロールするのに、数的優位を押し付けるのは少数派を殺す感があり、多様性とはまったく異なる価値観だと思わざるを得ない。

他方、特別支援学級との合同講義というのは、生徒が多様な価値観を得るための機会なのだが、教員自身が、サポート必要な生徒の特徴や対処の仕方を学べていなかったとも思えるし、実践できていなかったことは確かだと思う。

理解不足、能力不足、スキル不足は否めなさそうなのだが、そういった場合には、教員という立場での発言ではなく、元からあるその人の価値観が表出してしまうのだろう。
言い方が悪いかもしれないが。

こう言う方が1番ダメだと思う。
善意で行動する悪人だもの。

『教委の聞き取りに、教員は「指導の一環で、悪意を持ってやったわけではない」と説明し、現在は体調不良を理由に休職しているという。』
もうかえらないで、にどと