新着Pick
89Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
こちらに少しだけ詳しく書いていますね。
これによると、水平尾翼の製造過程で、
いくつかの部品が強くクランプ(挟むことですね)
し過ぎて、セクションのギャップが規定以下に
なっている事を発見したと言う事です。

問題は既に飛んでいる飛行機でも、同じ問題が
あるかです。

787はバッテリー問題は有りましたが、機体の
問題はレポートされていないと思います。

なのでFAAの、直ちに飛行に問題が有るとは
言えないのコメントは、その通りだと思います。
なんせ、問題無く運行していますから。

しかし、飛行機は繰り返し使われるなかで
徐々に疲労して壊れます。
多くの設計パラメータは、静的的な荷重よりも
疲労やダメージトレランスによって決まります。

一方、スタビライザーは、変形を抑える設計を
通常します。なので荷重に対しては、静的にも
動的にも、繰り返し疲労に関しても余裕が
大きいのが一般的です。
即ちたいした事無いかもしれない。
わかりません。

なのでまずこれが、この機体だけの問題なのか?

そうで無ければ、疲労上将来的に問題を引き起こす
可能性が有るか?

そして、それを今すぐ改修する必要があるか?

によりボーイングへの負担は大きく変わり、
それが株価に影響を及ぼす事になります。

https://www.google.co.jp/amp/s/www.chicagotribune.com/business/ct-biz-boeing-787-dreamliner-problem-20200908-iokbehjnxrbttofhoydpedzgg4-story.html%3foutputType=amp
Bloombergのこの記事では8月の不具合発覚に関連してわかったとなっていますが、実際は2月に内部監査で発覚した問題です。

そのあたりも含めて記事を出しました。
https://www.aviationwire.jp/archives/210383
構造上の問題か、製造上の問題かで、どれくらいの台数が影響してくるかが変わる。あと、全機じゃないとすれば(記事だと「新たに組み立てられた」となっている)、どういう経緯でそれが新たに発生したのかがポイント。
飛行機は膨大な数のパーツを組み合わせて作っているので、本当にこれだけが問題なのか疑問です。
しかし、こうやってオープンにされると安心ですね。
悪い所はどんどん改善していってもらいたいです。
737 max かと思ったら、人気の 787
ボーイング(英語: The Boeing Company)は、アメリカ合衆国に所在する世界最大の航空宇宙機器開発製造会社。1997年にマクドネル・ダグラス社を買収したため、現在アメリカで唯一の大型旅客機メーカーであり、ヨーロッパのエアバス社と世界市場を二分する巨大企業である。また旅客機だけでなく、軍用機、ミサイル、宇宙船や宇宙機器などの研究開発、設計製造を行う。 ウィキペディア