新着Pick
147Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
バーチャルツアーがとても参考になりました。
このプランは郊外型を想定してるので、ドライブスルーのレーンが多いですが
日本でも、店内座席のスペースの一部を、徒歩や自転車等のドライブスルー形式にすることも考えられます。
また事前オーダーの流れも加速する事も踏まえた計画になっており、「新しいい飲食店の在り方」が示されています。
アメリカのファストフードは動きが早いですね。投資家からの期待等もあると思いますが、この辺りの経営の意思決定のスピード感はさすがトップダウン型の経営だなと感じます。
このコロナを機に小売業界は、注文・決済と受け取りの切り離しが急速に進みそうです。注文・決済は必ずしもオフラインで行う必要性がないものなので、オンライン化していく、受け取りはオン・オフの多様性が増していく、という世界観のなかで戦略を考えていうべき時代と強く思います。
飲食業界のCOVID-19を踏まえたデジタルシフト事例。
従来の常識が通用しなくなる世界での体験設計にツールとしてのデジタルタッチポイントはマストになる。

体験から考えることが大切ですね。

日本でも郊外店舗ではこのようなやり方が実現しそう。
一方で本当に費用対効果が見合うものかの判断も必要でしょうね。

だからやらないではなく、だからこそやって検証してもらいたいですね。
国内においてもこのような非接触業態作りを進める議論もあれば、反面個人店では超密環境でもむしろ気にしない層の受け皿となって売上伸ばすところも。それぞれで誰にとって良い店作りをするのか?土台部分を見つめ直す機会にもなっています。
商品を絞り込んだ専門店のFCに大きなメリットを感じる。
大変参考になる。
バーチャルツアーで少しイメージできました。厨房を2階にしてドライブスルーの導線を増やした印象。あと細かいですが、駐車場の屋根がソーラーパネルになっている点は、ロハスな感じがします。
個人的に、バーガーキングのフライドポテト🍟が大好きなので、再びアメリカに行けるようになったら、事前オーダーなども含めて使ってみたいです。

アメリカは、コロナ禍が先進国の中で一番深刻だと思いますが、逞しく対応していく気概を持つ企業も多いと感じます。
色々な意味で、タフな国だと再認識させられます。