新着Pick
231Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
予言した通り。いかにイーロンマスクでも重力のくびきからは逃れられない

https://newspicks.com/news/5197200/?invoker=np_urlshare_uid102651&utm_medium=urlshare&utm_source=newspicks&utm_campaign=np_urlshare
引けで-21.06%、引け後もさらに-2.03%。ただ7月末の終値は15%超えていて、今のところ時価総額は3000億ドルとトヨタ以上。このまま下がれば、途中で多少の反発はあっても、よくあるバブルの形の推移。
https://bit.ly/335J01U

前からコメントしている取引量は、ここ2日の下げは毎日1億株ほどで、引き続き時価総額の1割程度。売買が成立しているという観点で、まだ買う人もいる状態。
S&P500指数採用委員会は、四半期以外でも随時採用銘柄の見直しを行うため、テスラがいつ採用になるかは分からない。しかし、この規模の米国を代表する企業をS&P500に外し続ける理由はない。排出権取引は本業収益ではないとの批判もあるが、テスラは別に電気自動車の会社ではない。イーロン・マスク氏はテスラをエネルギー会社だと言っている。排出権取引の賛否はあるが、ロスアンゼルス州の厳格化、欧州全域の厳格化に伴い、この取引による収益はますます増加することは確実だ。テスラにとっての懸念は、むしと中国ビジネスの依存度にあるように思われる。売上もしかり、リチウム電池もしかりだ。トランプ大統領が再選するかどうかは別としても、中国とテスラの関係は大きなリスク要因と思われる。
もともと、バブルのマネーゲームで急伸したのですから、最大の下げがあっても驚きません。

懸念しているのは、最近の米国株全体が下がっていること。

バブルが弾ける原因は見当たらないので、上がりすぎた株を売却する「利益確定売り」だと思っていますが…。
投機銘柄
短期間に騰り過ぎた反動。
時価総額
42.8 兆円

業績