新着Pick
285Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この記事の内容は、昔から言われている事かと思いますが、より気になるのは「コンサルティングの在り方が大きく変革を求められる中で、どう在りたいのかまでを考えているのか」です。

従来のコンサルのイメージ(デスクトップリサーチをし、左脳的なロジックで仮説を出し、綺麗なスライドを作ってプレゼンする)から、今は大きく変わっています。
クライアント側にMBAホルダーやコンサル出身者は沢山いますし、「地頭の良い」人たちが、左脳的ロジカルに考えて導き出す結論は、どこもそんなに変わらないものです。それではクライアントにとって差別化された戦略にならない。
更にこの不確実な世界では左脳一辺倒のアプローチには限界があります。
デザイン思考やテクノロジー起点の発想みたいなものが求められる所以であり、近年の戦略ファームによるデザインファームの買収、「○○デジタル」の様な会社の設立はその流れです。

単純な四則計算やロジカルシンキングが出来るだけのコンサルタントは淘汰されていくと思います。それこそ分析作業はAIがやった方が速くて正確かもしれません。

「問いを創る力」「クライアントと共に意思決定していく胆力」「多様なメンバー(デザイナー、心理学者など)と共創できる力」、更にはコンサル自身が事業を立ち上げ…と変革する中で、自分はどんなvalueを出し続けられるのか、そこまで学生の方々が考えて、コンサルを志望してくれているのか、という点は気になりますね。

ちなみに、私は直近5年ほど新卒研修の講師をしていましたが、この2-3年、この記事に書いてあるような「戦略系の学生が最も優秀」という感覚は無くなりました。
寧ろ、大学院でAIの研究をしてました、みたいな方が、ビジネスコンサル領域でも秀でているケースを多く見ています。
大学時代から「これからの時代はデジタルスキルが必須」と見極めてそれを学んでこられた皆さんは、そもそもセンスがあるんでしょうね。

最後に、弊社の新卒の方々は「なんとなくコンサル」ではなく「グローバルで社会課題を解決したい」という方が多いです。
例えば遠隔医療であれば、医薬業界、ハイテク業界、官公庁の巻き込みが必要など、1つの会社、1つの業界で解決出来なくなっています。「なので複数の業界を見れる、繋げられるコンサルを目指した」という高い志を持つ若者が多くて、個人的には希望を持っています。
最近、尖った人材が入って来ない&尖った案件が無くなった、というのは現役パートナーからよく聞く話。優等生が沢山入ってきて、成長しない大企業のオペレーション改善案件ばかりやっていればそうなるでしょう。

個人的には新卒でコンサル入ることをお勧めはしないけれど、モラトリアム需要、百名山踏破型需要(そこに東大かあるから受ける、という)は昔からあったし、難関大学の意識高い学生には親和性のある選択でしょう。単に「危険」というのとはちょっと違うような。ただ、コンサルファームと一口に言っても全く違うので、よく見て選ばないとこんなはずではということになるかも。
まず大事なのは「なぜコンサル?」か。

私の場合、経営者家系で育ち、バブルの煽りを受けた父の経営難を目の当たりにしたことから、「経営者の支援がしたい」という原体験でコンサルティングファームの門を叩いた。

単に「就職に有利」とか「潰しが効く」などの理由では、入社後にフワフワしたone of themに終わり、結果として力もつかず、キャリアが有利に働くことも少ない。

一方で、理由が明確で、成したいことがある人間はハードワークにも耐えられるし、成長も早いし、迷いもない。

結果として、「良いプロジェクト」「良い上司」との縁が深まり、本質的な力が養われる。

次に「どんなプロジェクトをやるか?」

コンサルは、フレームワークや理論ではなく、課題解決や理想の姿に近づけるためのプロジェクトマネジメント能力や、経営者や企業経営に寄り添うための専門性と信頼性が必要になる。

その力は、元々の地頭を基礎能力としながらも、多くは「仕事」「現場」の体験や経験によって身につく。

つまり、新卒2〜3年で与えらるプロジェクトや経験量には限りがあり、本質的に社会や会社の役に立つスキルは身につかない。

強いて言えば、不夜城のごとく働く環境により、「やり切る力」や「量で質をカバーする姿勢」「溢れた仕事を効率化する生産性」みたいな力は身につくかもしれないが、それも最近の労基遵守や働き方改革の影響で叶わないかもしれない。

つまり、コンサルティングファームに就職したとて、本質的な力が養われるには一定の時間や経験が必要になる。

就職を考える際には、長期視点を持った上で、就職の選択肢をしっかり並べて、自分はどうありたいか、何を成したいか、そのためのストーリーや経験デザインをじっくり考えることが大事であり、その思考の深さや目線が大事なんだと思います。
かつての私も「面白そう」ということで飛び込んだので、偉そうなことは全く言えませんが、入って死ぬほど働いてみたらいいと思います。東大の数学科の友人も「自分はすごいといわれていたが、入ってみたらとんでもない奴がごろごろいた」と言っていましたが、そんな「負ける経験」してやっと自分を真摯に見直す…みたいなことを20代のうちにやっておいたらとてもいいんじゃないでしょうか。
コンサル業界の趨勢については他の方々のコメントに書かれている通りかと思います。一方で、なぜこの業界に人気が集まるのか、というと、やっぱり不安だからじゃないでしょうか。
日本の事業会社に就職しても、先々どうなるかわからないというのは感度の高い学生ほど目の当たりにしてきているわけですし、そうなると起業するか、となっても、今の環境は必ずしも適切ではない。
だとすると、自分のポテンシャルをベースに、しかし、一番ビジネス上で今後の展開可能な能力が身につきそうな環境に身を置きたい、というのは、そうした漠然とした先行き不安感に対しては、一定の合理性がある行動のように思えます。
コンサルティングファームとしては、そうした中で集まってくる優秀な新人をどのように生かせるか、育てられるか、ということが重要になってきます。ただ、ちょっと気になるのは、最近のコンサルティングファームは、戦略ファームも含め組織規模がかなり大きくなってきており、かつてのようにエッジの効いたコンサルティング案件は、限られています。
そうなると、表面上のこれまでにもあったミスマッチ(意外に地道、仕事がきつい、プレッシャー等)以上に、その先の仕事のクリエイティビティというミスマッチが起きないか、ということがやや気になります。
東大生や京大生など難関校の学生は、「難しいところに受かることが幸せへの条件」だと思いがちです。

大学受験まではそれが通用しました。

東大や京大、一橋、早慶に合格すれば、楽しい大学生活が送れたし、就職も有利でした。

しかし、就職ではその考えは通用しません。

就活で難関企業が必ずしも自身の幸福にはつながらないのです。

私たちの就活の時は、興銀、長銀、日債銀などの特殊銀行の方が都銀よりも難関だったようですが、今やどれ一つ残ってはいません。

当時の新日鉄や三菱重工も、今ではぱっとしません。

難関を突破した有名大学卒業者の中でさらに競争を強いられた上、組織そのものが破綻してしまったのが、旧長信銀三行です。

コンサルは、はっきり言って虚業です。
自分の心身を犠牲にして企業の再建を行うのではなく、(表現は悪いですが)旨くその気にさせて莫大なフィーをせしめ取る商売です。

名前につられて、莫大なフィーを払って破綻した企業をたくさん知っています。

当事者意識を持たなければ、経験値には決してなりません。
横からアドバイスするだけなら、ビジネス書の著者にでもできます。

「難関に受かったから自分は偉い」という姿勢は、少なくとも就活では止めた方がいいでしょう。
新卒だけでなく、中途でも大手コンサル人気はあります。
 
ビジネススクールの同級生が、卒業してコンサルへ転職のパターンは何度も見てます。
 
また転職活動中に、求める人物像でコンサル経験ってのが本当によく書かれていました。新規事業開発で書かれていたのは謎でしたが。
転職市場に溢れている「元コンサル」の方々は、もちろん素晴らしい経験を積んでこられた方と、「有名コンサル企業に一度就職した」というステータスと自信と肩書きを武器に第2の就職活動を行なっている方と二極化している気がします。

「なんとなくコンサル組」と、「明確な意志を持ったコンサル組」を一括りにせず、採用基準を再定義するなどして双方にとってのミスマッチが少なくなる採用が実現できるといいですね。
有名コンサルの肩書きあれば転職も有利でしょうから、危険というほどでもないような気もしますが。
あと、Marchで人気が無いのではなく、採用実績が少ないのでそもそも選択肢にあがらないからでは。
個人的な意見としては新卒でコンサルはあまりオススメできません。
きちんと専門性を身に付けてからコンサルに入った方がコンサルとしての価値を発揮できると考えています。

コンサルと言っても最初は泥臭い仕事ばかりです。
新人からは、もっとコンサルタントらしい仕事をやりたいと相談受けますが、コンサルらしい仕事なんてそうそうありません。笑
関連記事一覧
【本音】工業高校から、外資コンサルになった31歳の逆転人生
JobPicks(ジョブピックス) | みんなでつくる仕事図鑑
941Picks

就活生が選ぶべき、コンサルより“有望な業界”とは? 人気企業の変化からみるファーストキャリアの考え方
Business Insider Japan
333Picks

現役東大生が語る会社の選び方。「とりあえずコンサル」で本当にいいのか?
Business Insider Japan
240Picks

【コンサル】BCG「新型UXコンサル」の仕事の中身
JobPicks(ジョブピックス) | みんなでつくる仕事図鑑
78Picks

22年卒学生に聞いた「就職人気企業ランキング」 コロナ禍で明暗、トップは3年連続で
ITmedia ビジネスオンライン
42Picks

「コンサル一年目が学ぶこと」を読んで、コンサル会社の「容赦ない」カルチャーについて思い出した。
Books&Apps
31Picks

「安定志向」の意味が変わった。東大・京大生の就活人気でコンサルが圧勝の理由
ハフポスト日本版
13Picks

「コンサルに代わる人材」は社内にいないのか、企業が深く考えるべき理由 - DOL特別レポート
Diamond Online
8Picks

コンサルをうまく使える会社、ムダ遣いして失敗する会社の根本的な違い - 組織の病気~成長を止める真犯人~ 秋山進
Diamond Online
8Picks

東大・京大の就職人気「コンサル1強」に何か問題はあるのか?
note(ノート)
6Picks