新着Pick
919Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
withコロナ時代のニューノーマルについて
宮田裕章先生にお話を伺いました。

コロナ・ショックをポジティブな契機ととらえ、
世界をより良い方向に変えていく力とは?

データ活用は誰も取り残さない社会は実現できるのか。

●経済合理性以外の評価軸の重要性が高まっている
●データを握る企業がそれを自由に使える時代は終わった
●データ活用で誰も取り残さない社会へ
●コロナを社会変革に向けたポジティブな契機とできるか

ぜひ、ご高覧ください。
やはり宮田先生の考えは理路整然としていていいなぁ。Weekly Ochiaiで初めて拝見して以来、その聡明さを尊敬しています(ファッションもちょっと憧れています)

欧米とは異なりデータを共有財産として活用していくことで、格差問題の解決の一助としていくというのは、理想論ではありますが、日本としては確かに目指すべき姿の一つでしょう。

熊本の豪雨被害も記憶に新しいと思いますが、日本は世界でも有数の災害が多い国であり、自然災害についても「災害弱者」と呼ばれるような格差が存在します。高齢者や身体障碍者の方が避難が難しいと言う点や、旅行者・外国人に正しい情報が届かないといったものが一例です。災害時にも、携帯の位置情報など個人がどこで何をしているのか?を把握することで人命への影響を最小限にとどめることができます。

ヘルスケアのような世界中のどの人間にも当てはまる領域も重要ですが、上記の自然災害のように、日本ならではの改善領域に注目することで、データ活用の「日本らしさ」がより見えてくるのではないかと思います。
個人データの提供、マイナンバーとの紐付けなど、日本ではとても神経質ですね。個人情報が心配と。
でもSNSの診断アプリなど安易に使用したり、この夏はやたらとアカウントを乗っ取られた方々からメッセージが届きました。自分では個人データのセキュリティ自体が弱い私たちが、公的なところへ個人データを提供したくないというのは不思議ですね。
それはやはり行政への信頼や、大企業への信頼が乏しかったりというルサンチマンであったり、情報に対する一人一人のリテラシーが大きなものによって緩やかに扇動されているからなのでしょうかね。
個人的には宮田先生の語る未来は素敵だと思うし、そこに向けて課題を話し合っていきたいですね。
事例などを用いて非常に分かりやすく、今の価値観について語られていると感じました。
データの活用についてもそうですが、コロナ禍によって個々の価値観を更に重視したサービス設計やデザインが必要になってくると感じています。
コロナの最も大きな功績は従来の価値観を払しょくできるか否かという岐路に立たせたこと。例えば満員電車の無駄や集まらないと出来ないと思われがちな会議もオンラインで出来ること、そこに柔軟に対応できる人とそうではない人がいること等、非常に多くの価値観の分岐が出てきた中で、何がその人に合う仕組み、サービスなのか見極めて提供することが非常に重要になってきたと感じます。