新着Pick
726Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「再生型+経済的自立・繁栄型トラベル」を実践し、住民の幸せと社会の豊かさを目指して来た「感幸リゾート」がスイス・ツェルマットです。
当地は「三方善し」+1の「四方善し」です。最優先されるのは「将来に善し」です。
詳細は、藻谷浩介氏との共著「観光立国の正体(新潮新書)」をご一読ください。
従来いわれてきた「持続可能な観光」は、実現するためにはハードルがありました。観光地の持続可能性が失われる、というのは、たとえば観光地化することで、自然環境が失われてしまう、伝統文化がショーになることでただのエンターテイメントになってしまう、地元住民が観光に従事することで農業や漁業をやらなくなり地元社会の風情が失われる、といったことを意味しました。パリやヴェネツィア、バリ島、京都のような世界的観光地に膨大な観光客が押し寄せる「オーバーツーリズム」の問題は、また別にあります。
 「持続可能な観光」が唱えられて30年は経ちますが、実際のところ、世界ではマス・ツーリズムが急増する一方でした。中国人のツアー団体(それ以前は日本人でしたが)が世界中の著名観光地に押し寄せる、ということで、21世紀の観光産業は市場拡大してきました。
 「持続可能な観光」といっても、具体的な方策としては、観光客数を制限する、というのが最も実効性がありますが、それは、地元住民をはじめとする観光産業従事者の所得と雇用を減らすという結果になります。そのため、実際にそのような措置に踏み切る例はほとんどありませんでした。
 「再生型(regenerative)観光」というのは、この問題に対する答えの一つなのでしょう。観光客の「意識の高さ」に依存して、環境保護活動や現地文化への参加を通して、観光地の自然や文化を守ろう、ということでしょう。
 英語の"regenerate"というのは、繁殖による世代継承、(地域の)再活性化といった意味もありますが、キリスト教的な意味での(魂の)再生、回心という意味もあります。米国で書かれている「再生型観光」についての記事や論文は、スピリチュアリティを強調したものが非常に多く、主に中南米に行って先住民族の伝統文化によって精神的な再生と自然との一体化を果たす、といった話が多いです。
 毎年のべ1億5千万人を超える中国人の海外旅行が世界各地の観光地に及ぼす影響をどうこうできるような話には見えません。
この半年で世界の空気がキレイになったのは事実。
いやに星がキレイに見えるようになった気はします。

消費型の観光からマジョリティが動くという話ではまったくないと思いますが、行く側も受け入れ側も互いにちょっと優しくなれれば生産性はあがります。
行く側が受け入れ側にもなるような、人財の循環活用も産まれれば、地域はもっと面白くなります。

ワーケーションもこの文脈。
全部とは言いませんが、持続可能社会のために、旅行事業者として声を上げて行きたいなと思ってます。
観光を持続可能なもの地球を守るものと捉える考え方。
確かに、コロナの状況以降、支援したい飲食店のテイクアウトを頼んだり、被災地の特産品を通販で購入したりとお金の使い方を考えるようになって来たひとは多いと思う。旅行も同じでそういう取り組みに共感してホテルなどを選ぶのは積極的に考えたい。
まず今後大事なのは「観光客数」を基準に観光部門の成功を判断することをやめることだと思います。年間どれほどの観光客が訪れたかにフォーカスしてしまうと、その街がとんとん観光化していきますし、観光客が来ないと逆に成り立たない街になってしまうこともあります。「オーバーツーリズム」という言葉がまさにそれを意味すると思います。

観光地でありながらもその地域に住んでいる人々との共存を大事にすること、そして新たな観光地を開発する時にももっと多様性を持っていいのではないかと思います。まさに新しいトラベルの楽しみ方を色々提案することです。今より選択肢がどんどん増えれば「オーバーツーリズム」の現象も変わってくるのではないかと思いますね。
旅行と観光は考え直すいい機会ではあります。が、観光客が元に戻らなければ、破綻するところが続出しそうです。

旅のマナーは大切ですが、押しつけがましい旅行はしたくない。
「人が行くと荒れる」ではなく、「人が行くとよくなる」再生型トラベル。
理想的なだけでなく、今の時代にニーズのある旅ですね。
オーバーツーリズムについても触れられていますね
関西在住者としては最近の京都にはかつての趣が戻ってきた気がします
外国人だらけの状態に戻ってほしくはない
旅の新たな考え方ですが、必然ですね。
飛行機でなく船で旅行するとか?