新着Pick
36Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ウォルマートの自社ブランドの海外事業は今までほぼうまくいっていない状況ですが、インドについてはフリップカートを中心としたローカライズ戦略でどこまで成功できるか?物流網も整っていない、決済も整備されていない、フラグメンティッドなインド市場なので、成功までの道のりはまだまだ長そうですね。
インドは、パパママストアなどの中小小売業を政策的に守る国です。
なので、昔からウォルマートは厳しい経営の舵取りをしていました。本来は、小売業で経営したいところですが、卸のような業態からスタートし、規制緩和を待つような感じでした。

今は、昔よりは緩和されているようですが、本来のリアル店舗での小売業はできていません。

一方、アマゾンが妥当を目指す、先行するフリップカートを買収するチャンスを得て、イーコマースで攻めています。

フリップカートの強みは、独自宅配網にあり、アマゾンも数千億円を投入し、整備しています。

国土が広く、難解な物流規制のため、物流のコストが多くかかりますが、Amazonとの戦いに勝利し、インドの規制緩和によって、一気に拡大したいと思っているに違いありません。

業績