新着Pick
596Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ZARA率いるインディテックスとユニクロのファストリの頂上決戦になりましたね。

2社はよく「ファストファッション」として括られることも多いですが、実はビジネスモデルも商品戦略もマーケティング戦略も大きく異なります。

インディテックスの売上に対してファストリはまだまだ1兆円の開きがありますが、10年後はわかりませんね。
マーケットの広がりの観点から、ファストリが世界TOPの企業になるという見方が堅い気がします。

詳しくは以下のnoteでも解説しています。

数字で見る「ユニクロ vs ZARA」|森 雄一郎(Yuichiro Mori) | D2Cスタートアップ起業家・ブランドプロデューサー|note
https://note.com/yuichiromori/n/n841d139efb0a
先日ユニクロのEC関連投資年間300億円(=店舗投資の2倍を投入)というのが記事になっていましたが、ZARAも同じくEC・デジタルへの巨額投資を進めていますね。今の売上高の比較よりもこの辺りのデジタル投資でどこが先を行くか次第で市場の絵姿が大きく変わりそうです。全世界共通のECプラットフォームというのは簡単ではないので、各国でいかに上手くデジタル化をインプリしていく体制を作れるか、という点でも差が出てきそうです。

>2020年中には本社のあるスペインのアルテイショに東京ドームの1.4倍の広さを誇るオンラインスタジオが整備される予定。同時に無線自動識別(RFID)タグの全ブランドへの導入も進む。コロナ禍で、こうした取り組みのスピードが増した。6月には最大で全店舗の16%に当たる1,200店を21年までに閉鎖すると発表した。

しかし、この閉鎖は非常に前向きな戦略に基づいている。実店舗のEC拠点化である。すでにスペイン北部の都市ビルバオでは18年5月に旗艦店をオープンさせ、周辺の小型店4店舗を統合した。売上高は4店舗合計を上回り、在庫も2割以上削減したスクラップ&ビルドである。小型店を中心に1,200店をクローズし、大型店450店舗を出展計画であり総売場面積は逆に増やしてゆく。
ファーストリテイリングと世界一のインディテックスはまだ売上規模で差がありますが、ユニクロとZARAのブランドで比較すると、ユニクロがZARAを超えるのは時間の問題だと見ています。

ただ、ZARAを傘下に抱えるインディテックスがスゴイのは、規模もさることながら、その実、規模ではなく「収益性」と「生産性」なんですよね。

インディテックスはファストリより圧倒的に利益率とキャッシュコンバージョン(CCC)が高い。

いや、ファストリも十分立派なレベルなんですが、インディテックスのCCCに至ってはマイナスなので、先にお金が入ってくるモデルになっています。

詳しくはこちら↓からどうぞ♪
『アマゾンとZARAは「CCC」がすごい』
https://newspicks.com/news/3932313/

ファストリが近年DXに振り切っているのは、こうした課題にチャレンジするためでもあります。
フェデラー、錦織でワールドブランド化。不要衣料品の回収などサスティナブルな視点は早かった。TGCで提案あった「シーズンレス」な考え方にも反応しそうな気がします。

個人的には…アメリカの傘のほとんどがとってもダメだった中、唯一安心して使えたのがユニクロの傘でした。たぶん中国製だったと思いますが、今もしっかり使えてます。
コロナで2020年3月-5月は昨年対比で売上が40%近く減少したものの、中国の早い回復により他の大手アパレルに比べて赤字額は少なく抑えられております。

同社の売上の大半は海外事業でその大半を占めるのが中国事業です。

中国のユニクロ はブランディングとEC化が上手くいっている印象があります。

中国では日本よりもハイブランドとして認知されており、日本よりも10~15%高く価格を設定しております。

また、「2018中国著名ブランド・デジタルマーケティング・バリューランキング」で4年連続1位を獲得したり、各地の商業施設から好立地・大規模の出店依頼が相次いでおります。

EC化に関しては、中国ユニクロのEC化率は約20%でどの地域よりも高い数値となっております。

今後の更なる中国事業の成長に期待です。
ZARAとユニクロの違いを読み解くと、H&Mを抜きさった2大巨塔の強さを理解することができます。(ZARAはもともと王者)

まずは、ZARAから。

ZARAの商品コンセプト
トレンド×マス
年齢を問わず誰もが気軽にトレンドファッションを楽しめる

シーズンごとにキャンペーンをつくり、飛行機(自社の空輸)を飛ばして世界各国の一等地店舗に届けて売り切る。

ZARAの売上高広告宣伝費率は0.3%と、店舗=広告の考え方
広告がなくてもプロパー価格、つまり値引きしなくても売れるのは強い

次にユニクロ。

自らトレンドをつくるZARAに対して、ユニクロは年齢を問わず誰もが着用できるカジュアルウェアやインナーウェアを販売することがコンセプト。

これがLIFEWEARと打ち出していますね。

誰もが着る服のジャンル+素材技術
=流行に左右されないアイテムをつくる。

スリムフィットジーンズ
エアリズム
ストレッチルームフィット
ブラトップ

などは、他のアパレルがマネはできないレベルまで人々の生活に浸透している。

TVCMやチラシなど広告も打ちながら、地方含む老若男女に届けていく。


ZARA、ユニクロともに、長年築いてきたビジネスモデルや商品戦略を土台として、ECや店舗⇆店舗をつなぐための、新たな投資を踏み込んで行っている。

消費者のお金も時間も、強いブランドに集約されていく中で、他のアパレル企業はどう戦うかに注目。

この2大巨塔の表面的なマネをしても生き残れない。
36年前からずっと世界一を目指してきた柳井さんにとっては、これから5年で世界一になるためにできることは全てやる覚悟だと思う。UNIQLOはエッセンシャルなLifeWearなので、コロナ渦でも強い。
ここまで来ましたか。
株式会社ファーストリテイリング(英語: Fast Retailing Co., Ltd.)は、株式会社ユニクロなどの衣料品会社を傘下にもつ持株会社である。東京証券取引所第一部上場。世界のカジュアルの企業の中での売り上げは第3位である。 ウィキペディア
時価総額
7.71 兆円

業績