新着Pick
72Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
香港が中国政治のショーウインドーになっており、世界が注目していることを熟知したうえで300人を逮捕した。中国は香港民主化運動を封殺するまであとひといきと判断して強気の取り締まり策を続けているのではないか?
中国の弾圧とどう闘うべきか。香港の市民は難しい判断を迫られています。民主派の議員たちも、辞任すべきか、留まるべきかで揺れていると報じられています。民主派の最大政党・民主党(7人)は党内で意見が統一できず、独自の世論調査をすることを決めたといいます。他政党の8議員を合わせた計15人は、9月21日から実施する調査で、民主派支持者の間で「留任反対」が過半数に達すれば、9月末で辞職する方針です。悩みはそれほどに深刻です。国際社会がもっと圧力をかけるべきだと思います。しかし、ここにもコロナ禍の影響が出ています。
香港の同僚記者の記事では、選挙延期に不満を持ちながらも国安法を恐れてデモに参加しなかった人の声も紹介されていました。1年後に延期された選挙までに民主派の力をそぐために同法と大量の警察力を動員した力による抑え込みは続くと思われますが、アメリカのさらなる経済制裁を呼び込む可能性もあり、諸刃の剣といえそうです。
一つ悲しいストーリーを話します。

サーカスで育ったゾウは小さい時から一本の細いチェーンで繋げられました。
いつの間にか、縛られたことに慣れて、美味しい餌を食べれて、静かに暮らせるようになりました。

ある日、草原から一匹の青年ゾウを新たに捕獲しました。
逃げられないように、脚に細いチェーンを付けられていましたが、大きな力で破壊されました。
より太いチェーンに変えられたが、何度も破壊され、最後に最も太いチェーンで縛られました。
全身に傷だらけで、悲しげに叫ぶ以外、何もできませんでした。

サーカスゾウは、草原ゾウの反抗を理解できなかった。
草原ゾウは、サーカスゾウの服従も理解できなかった。

サーカスゾウも草原ゾウも2度と草原に戻って自由に遊ぶことはなく、サーカスの中で一生を過ごすでしょう。
とっても悲しい。。。
Facebookの投稿で逮捕、
この画像を見ても、弾圧の厳しさが伺えます。
国際社会の圧力が、かえって共産党政府を追い詰め、民主派を窮地に陥らせる、、、NPではそんな意見はないと思いますが、そんな事は絶対にありません。彼等の希望の灯を消さないよう、国際社会はメッセージを送り続けるべき
遺憾の意などは何の役にも立ちません
香港でた立法会(議会)選挙の延期に抗議する民主派の集会が行われ、「参加者約300人が警察に逮捕された」というAFP通信の報道です。