新着Pick
114Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
対面を必要としない取引や作業を「デジタル化」と訳しているらしい。

会社業務自体のデジタル化は、作業の定型化とコード化を促進させる。そして、計算可能な作業の全てを人の判断から遠ざける。
さらに、AIは、この計算可能な作業の範囲を無限大に拡大する。確率的判断を常に正とみなせば、殆どすべての判断は非人間化が可能となりそうだ。

それでも、一部の規範的判断や好き嫌い判断は、計算ができないので、人が分担する作業として残る。

定型化されない作業をどうするかが商売上の課題だろう。
たとえば、問い合わせは完全な定型化が難しい。

何が分からないかが分からないから問い合わせている人に選択させるのは矛盾するからだ。痛みの原因が分からないのに、患者に受診科を予め決めろと言ってるようなものだ。

それでも、参照先を無限大に広げられれば、実際上の支障は少なくなる。すべての法令と判例、法律論文などを、即座にかつ安価に、参照、比較、検討できれば、法曹の役割は飛躍的に狭くでき、高度化できる。
「複数の調査で裏付けられたのは、新型コロナウイルス感染症のアウトブレイク以前からデジタル改革の取り組みを実施してきたかどうかが重要な要因」
日本でも在宅勤務にいち早く切り替えられた企業は以前よりその環境を構築していた企業であることが伝えられています。似ていますね。

「業界と多くの顧客が、依然として銀行のデジタル化に不安や抵抗感を抱いている」
これはほんとそう。前職で法人のインターネットバンキングを多くの先にご案内してましたが、地方だと利用に抵抗がある企業さんも多かったです。
とはいえ、このコロナで多くの企業が利用するようになっただろうと思います。店頭への持ち込みも不要ですので無用な接触も防げますね。