新着Pick
27Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
2007年の総裁選挙も、安倍首相の辞任による次期首相を決めるための選挙となり麻生太郎氏と福田康夫氏の一騎討ちとなりました。

その当時も今と同じようにほとんどの主要派閥が福田康夫を支持し、安倍首相の辞任は麻生クーデターによるものだという風説の流布がメディアでも言われ、完全な包囲網が出来上がった中での総裁選挙でした。
その結果、惨敗したものの正々堂々と戦った麻生氏には称賛の声が国民の間に高まり、福田政権時に地方を徹底的に回り自らの地盤を固め、のちに総理総裁となって行きます。
その時と状況は異なりますが、岸田氏にしても石破氏にしても、どう選挙を戦い、どのようにその後の立ち居振る舞いによっては十分にチャンスがあるのではないのでしょうか?
もっとも石破氏は総裁選を3度も経験し、かつて破れても政治家としての信頼を得た麻生氏の行動に学ぶこともあったはずなのに、それを生かしたように全く思えないのが辛いところです
優位に立つ菅氏に対抗するため、岸田氏と石破氏は地方訪問を増やしているそうです。
【政治】民主主義の大原則から言えば、そもそも各都道府県に等しく3票を割り当てているということ自体がおかしい。党内でも「一票の格差」を認めるような投票制度を採用していては、国政選挙における「一票の格差」を是正することなど絶対にできないだろう。
全県で同一様式でのハガキによる予備選をするなら、そのハガキの結果を党員投票そのものにすることが、どうして出来ないのだろう。