新着Pick
241Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
台風は今大東島地方を直撃していますが、6日日中にはいよいよ奄美地方、そして6日の夜から7日の朝にかけて九州のすぐ西側を北上し朝鮮半島方面へ進む見込みです。
台風で風が特に強くなるのは進路に対して右側ですから、今回九州はほぼ全域で記録的な暴風が吹く可能性があります。戦後すぐからの観測の歴史があるような場所でも、あわや記録を更新するのではと考えられるほどです。九州ではおそらく台風による暴風への特別警報が出される場所があるものとみられます。発表される場合には事前にアナウンスがされるはずなので、特別警報の発表前に避難や対策を終えておくようにお願いいたします。

今回の台風では昨年の台風15号により房総半島で発生した停電や倒木、家屋の破損といった被害と近い状況が発生することが懸念されます。どうにも自宅が強度的に不安だ、などという場合にも事前に避難所へ身を寄せましょう。今回はすでにホテル等への事前の避難を選択される方も多いようで、その点ではよかったなと感じています。

また別記事でも述べましたが南に開いた湾や瀬戸内海の周防灘を中心とした沿岸での高潮、そして関東から西の太平洋側で広く大雨となりそうで、特に宮崎では局地的に500mm以上の雨量となりそうです。平年の1か月分の雨量が一日で降ってしまうような状況ですので、浸水や河川の氾濫にも注意が必要です。

九州や中国・四国地方でも、台風への備えは6日中に終わらせるようにお願いいたします。台風による強い風や雨の影響は7日の夕方まで残るところがありそうです。7日は一日出かけなくても良いような準備も必要かもしれません。
以前予報官をしていましたが、予報資料でも正に経験したことのないような数値が出ています。間違いなく最強クラスの台風です。台風そのものは大きいのですがその割りに予報円は小さいことにお気づきでしょうか?つまり予報の計算結果が安定しているということです。この台風については勢力や時間的な推移も含めて気象庁の予報を信じて行動して良いことを表しています。
衛星写真で見ると、台風10号の目ヂカラが強く、勢力の強さが伺えます。気象庁が過去に大きな被害をもたらした台風を引き合いに出して警戒を呼びかけるのもわかります。どうか早めの準備・避難行動で身の安全を心がけてください。
2013年のことですが、私の住むフィリピンのレイテ島に観測史上最大の台風が上陸しました。
895hPaで最大瞬間風速は105メートルでしたが、死者が6000名以上でるもすごい被害だったのです。
空港の管制塔のガラスも割れてしまう風の破壊力と、6~7メートルの高潮でした。
被害を最小限にできたのは警報を真摯に受け止めて、ちゃんと高台に避難した村の人々です。
台風10号には最大限の注意をしてほしいと思います。
ニュースで散々警戒を呼びかけていますが、真剣に対策をとる必要があります。

ほとんどの人々は、きちんと対策をしていると思いますが、中には「たかが台風」と高をくくっている人がいるかもしれません。

かつて、米国をハリケーンカトリーナが襲ったとき、頑丈なビルの中で「ハリケーンパーティ」を開いていた若者たちがいたそうです。

建物は吹き飛ばされて全員死亡・・・自然をなめてはいけないという教訓です。
あんな大きな強い目を見るのは初めてです。気候変動が生み出したモンスター台風です。気象庁の予測進路をなぞるように、予測時間よりは少し遅れて進んでいます。しかし、恐ろしいのは、このモンスターが突然変異で生まれたものではないということでしょう。今後もこのクラスの台風が当たり前のように来襲するというニューノーマル。その始まりを告げる使者だと思います。モンスターに襲われても死傷者ゼロという奇跡を起こしたいと願います。東日本大震災の時の「釜石の奇跡」のように。
皆さんコメントされていますが、台風10号の台風の目はくっきり。アメリカのハリケーンを見ているようです。

昔、フロリダ州からテキサス州に大型ハリケーンがいた時、ちょうどニューヨークからLAにフライトしました。ハリケーンの影響で、1時間早く到着しますという機内アナウンスに、私はまさか…と思いましたが、本当に1時間早く到着しました。
台風の勢力の凄さを認識しました。

九州では豪雨災害の時も、避難しなかった高齢者が亡くなっていました。確かに、高齢者世帯が心配ですね。
自衛隊には、台風の前に出動してもらうことは出来ないのでしょうか?
昨年10月の台風よりも瞬間風速強いんですね。。関東側にいても風の強さを感じます。

鉄道やコンビニの臨時休業など、最近は台風に対する情報発信や社会としての対策が以前に比べてしっかりされているにもかかわらず、被害が一定出ることの恐怖を感じます。

にしても、ここ数年台風の威力が増していると感じているのは私だけでしょうか。理由が気になるところです。
危惧されていた、新型コロナ禍の中での巨大台風。
来るのがわかっていても、自然の猛威の前にはできる対策は限られており、結局は安全と思われる所へ避難するのが最善だけど、新型コロナ禍では密にはなれない。田舎ならまだしも都市部の人口が多いところは難しい判断がせまられますね。。
こんなに台風の目が大きくハッキリ見えるのはそんなにないと思います。影響のある地方の方は早めの行動で身の安全を確保していただきたいです。
こんなのが毎年くるようになるとたまらないですね。。