新着Pick
213Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
その通りだと思います。
起業はアート活動ではありません。
世の中の人が求めているものを
徹底的に具現化していくべきです。
結果、既存ビジネスで利益率が高いものを
効率的に実行し続けるのが良いに決まってます。

ただ私が起業したディグラム診断は
ここに当てはまらず大きな競合がまだいません。。
8年経ちますがまだ多くの人に理解されていないし、
ビジネスの平準化が進みにくいので、
大きなビジネスにするには道のりは長いなーと
心から感じてます。そもそも生き残るのに精一杯ですw
でも、まぁそこが面白いんですけどねw

私は性格診断が日常生活において
心のバランスを保つものになると信じてます。
こういう信念とか何か使命を感じた人は、
茨の道のりを進むのも良いと思います。
苦しいし、ほぼ失敗するので、
あまりオススメはしないですけどね。。
でも、やりたいと思う人はやっちゃうんですよね。

だからこの記事には半分同意で、
半分同意したくないですね笑
起業家しては記事内容に納得で、
個人的にはもっと0→1挑戦していきたいし、
挑戦を許す世の中になって欲しい。
ほぼ失敗するけど笑笑
シンプルだけどその通りだと思う。あまりに独創的すぎると誰も理解できない。つい、「お前はイーロンマスクか?」と突っ込みたくなる
"他社がやっていることを他社よりもうまくやりなさい"
少なくとも私は「他社がやっていることを他社よりもうまくやろうとしている」ベンチャーでは働きたくないですね。私の中の定義では、もはやそれはベンチャーではない。アランパトリコフが絶対に投資をしなそうな会社。
人や社会に役に立つか。ここを貫いていく。
その際、世の中にある使えるものは使いまくる。
同意。

NewsPicksで取り上げられるようなキラキラ系スタートアップは、側から見ていればカッコイイ。

また、独創的なアイデアやビジネスモデルで世の中を変えてやろうって言う経営者の意気込みは理解できます。

しかし、世の中数多ある中小企業(あえてスタートアップとは言いません)がみんなキラキラ系スタートアップって訳じゃありませんからね。
例:飲食店、工務店、床屋、町工場。

やはり、小宮氏が言っているように、「他社がやっていることを他社よりもうまくやる」と言うのが現実的なアドバイスだと思う。

でないと、せっかく資金調達してもお金が溶けて消えるだけで、みんなに迷惑かけて終わりみたいな可能性が高いです。
最近、メルカリに買収されOrigamiとかが良い例です。

本田宗一郎や孫正義、永守重信のような天才経営者は、放っておいても出てくるような気がします。