新着Pick
81Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
バルセロナの深い闇が見え隠れしますが、メッシ自身が本当の意味でクラブのために戦い、変えていく1年にしてもらえたら、なんてドラマか。大きなクラブは大きな会社。見えているのは氷山の一角でしょう。大変な作業ですが、だからこそメッシにしかできないことがありそうです。
今回の騒動、確執も有れば、金銭的な課題もあったろうけど
根本的にはコロナ渦における、社会生活の混乱ぎ全ての人々を惑わせたというところにあるのではないでしょうか?
自分の人生を振り返った時へのバルセロナへの感謝
そして家族のバルセロナへの思いもそうですが、以下の言葉にそれが詰まっている様に思えます



>>「2020年はひどい時間だった。(新型コロナ)ウイルスで苦しく、つらい時間を過ごした人が数多くいるよね。家族や友人を失った人だってたくさんいるだろう。
彼らがなくしたものに比べたら、自分の置かれた状況は致命的ではないからね。これから状況が好転することを願っているし、つらいことや不幸な状況にある人たちに、少しでも勇気を与えられるよう、自分が力添えできたらと思っている。だから、世の中が正常の方向に向かってほしいんだ。それは僕が心から願っていることだよ」
クリロナのように、どこのチームに行ってもメッシも活躍できるのか見たかったですが、またのお楽しみですネ
今回ばかりは本当にバルサを出るのかと思ったが、お金以外にも色々とあるようだ。ただ、生涯バルサ宣言という感じでもないような気もします。
なんだよ〜
あらっ❗結局バルセロナ残留なんですね。。