新着Pick
129Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
事前の電話相談、たしかに大事です。
ただ、なんのコストもとれない電話相談に人員をとられる医療機関は本当に大変です。

そこはなんとか対策をとってもらいたいものです。
インフルエンザと新型コロナウイルス感染症は、症状からは見分けがつかないため、両者の疑い患者に対して両者の検査を行う必要性が出ると考えられます。

インフルエンザは、例年1000万人程度の感染者を出しており、今年仮に流行がとても小さくなったとして、仮に100万人だったとしても、現在までの新型コロナウイルス感染症の患者数を遥かに凌駕するような桁違いの数になります。

これらの患者が「発熱患者」として限られた電話窓口に、あるいは医療機関に直接殺到するのを防ぐための策と思いますが、どのような手段であれ例年以上に絶対数として医療機関へのアクセスが増えることが予想されます。それ相応の増員をしなければ、どのような仕組みであれ混乱を避けられない可能性があります。
身近な医療機関で診療してくれればいいのですが、結局たらい回しにされるのではないかという不安もあります。

医療機関側も、当然、感染を恐れるでしょうから。

小さな開業医だと万全の感染対策をとるのも難しいでしょう。

そのあたりの対応を、しっかり詰めて欲しいと考えます。
毎年インフルエンザは流行しますが、マスク、手洗い、人混みを避ける…これだけ気をつけていれば、今年は例年より感染者は少なくなるのではないでしょうか?
→そうなることを期待します。

いずれにしろ、私達は体調管理には気をつけて、風邪気味だな?と感じたら、自宅で睡眠と栄養を取ることが肝要かと。

追記
電話で→❌
電話等→⭕️
個人的には、一義的にはかかりつけ医よりも、かかりつけ薬局の方が機能するような気がします。
開業医の先生などに電話されたとしても、大きな病院にかかって下さいと言うのではないでしょうか。
むしろ、高次医療機関への集中を起こす可能性さえあります。
電話対応する人員確保も簡単ではありません。
LINEなどからAI問診を行える体制などが、医療現場の負担を減らす方法なのかと思います。
医療機関の電話がパンクしないでしょうか。
関連記事一覧
医療の現場から
note(ノート)
55Picks

イタリアが「医療崩壊」を招いた三つの遠因が見えてきた - 石垣千秋
論座(RONZA)
7Picks

自国では受けられない医療サービスを海外の医療機関で受ける医療ツーリズム(医療観光旅行)が約50カ国で実施されています。医療ツーリズムは渡航国で高額な医療費を支払って中長期間滞在する他、その見舞客が訪問するケースも多く、宿泊施設を始めとする医療サービス関連産業への経済波及効果が大きく、医療ツーリズム受入れ国は外貨獲得や雇用拡大の手段にもなっています。 今回は、医療ツーリズムと医療経営に詳しい中央大学大学院戦略経営研究科の真野俊樹教授に、日本の医療ツーリズムの現状と医療ツーリズム推進の課題をお伺いしました。
株式会社ミーミル
6Picks

【拡散希望】預金全額を振り込ませる医療還付金詐欺に注意してください!
こぐま速報
5Picks

【悲報】医療機関の3割で夏のボーナスが引き下げ
ハタラキテノコエ
4Picks

リコー、防護マスクの生産開始 全国57の医療機関に無償提供
共同通信
4Picks

【第8回】将来儲からない医療系資格とは?
医療従事者KeiSのブログ
4Picks

トヨタグループ、医療現場および医療用品に対する支援を表明
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
4Picks

「最前線で戦う医療従事者を守りたい」 他業種が力を合わせ防護ガウン生産
毎日新聞
4Picks

ヒカキン、コロナ医療支援募金設立&1億円寄付…深刻な医療物資不足、差別される医療従事者
ビジネスジャーナル
3Picks