新着Pick
323Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ロビンフッダーはゲーム感覚で売り買いしています。効率的市場仮説に基づいた株の値動きとはまったく違う動きになって、いままでのアルゴリズムが通用しなくなっている。

企業の成長性や収益性などはあまり重要ではない。重要なのはロビンフッダーがどの株を買い、どの株を売るかになっています。

誰かが買えばそこに素人のロビンフッダーが群がるという動きになっているのです。危うい。
歴史は繰り返す。やれば儲かるからやる、とか、街角で株の話が増えてきたら…そして村松さんがコメントされている点にとても共感、それが自由参加できるマーケット。
https://kabumatome.doorblog.jp/archives/65968577.html
今後の投資はどんどん携帯との関連を強めていく。
パソコンの時代では、ITプラットフームが出て、投資、収益、影響力の拡大を実現した。
携帯の時代では今のところアプリへの投資を中心であろうが、今後、どんな形で収れんしていくか、まだ不明。
でも間違いなく投資を集中的に吸収していくだろう。
日本からLineやWeChat、TikTokのようなアプリはまだ出ていない。
ほんとうは日本から出てほしい。
日本こそ他国とのイデオロギー闘争によって経済への影響を与えることはなく、どんどん世界でそのアプリを普及させていくことができる。
ただし、日本からのグローバリゼーション・アプリはいまのところ少なすぎる。
今のアプリ投資は少しバブルのようだが、本当はまだ少ない。
しかも諸外国と比べる日本の投資の規模も小さすぎる。
アメリカの証券におけるビジネスモデルはやはり凄い。日本人なら倫理的にどうも踏み込みにくい分野でガンガン儲けます。ロビンフッドが大きくなればなるほど規制リスクが高まりそう
"オンライン証券のアプリや法人顧客、機関投資家から取引が入ってくると、それぞれをマッチングさせて処理し、市場価格とのスプレッドを利益として手にする。その利益の一部を証券会社に支払う。"
成り行き注文の個人は、反対売買で裁定取引をするHFTの餌食。「手数料無料」とは言っても、見えないコストを負担させているように見える。それでも多少のフィーなど目をつぶることができるほど、この熱狂の根底にあるのはハイテクを中心とする米国の株高であることも間違いない。
『今年1〜3月期のヴァーチュがマーケットメイキングにより得た収益(個人投資家と機関投資家の両方を含む)は、前年同期比270%増の6億5300万ドルに達した。』

手数料無料としながら、割高な金額で買ったり、安く売ったりしている事に気付いてないんだろうなぁ。長期保有なら良いのかもしれないけれど。
そういうものを全部ひっくるめた上で、これもマーケットだと思う。
この連載について
次世代のビジネスリーダーのためのグローバルメディア「Quartz」から厳選した記事をNewsPicks編集部がお届け。
時価総額
42.6 兆円

業績

アップル(英語: Apple Inc.)は、iPhone、iPad、Macintosh(Mac)、その他ウェアラブル製品や家庭向けデジタル製品、それら諸製品のソフトウェアなどを開発・販売している多国籍企業である。2007年1月9日に「アップルコンピュータ」(英語: Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
215 兆円

業績